記事

『逃げ恥』4年ぶりも万全 視聴者獲得へ先回りで数々の仕掛け

注目が集まる『逃げるは恥だが役に立つ』のスペシャル(公式HPより)

 4年ぶりのみくりと平匡はどんな夫婦のカタチを見せてくれるのか――。放送前から『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)スペシャルの放送に期待が高まっている。その見どころと、番組サイドが繰り出すリアルタイム視聴につなげる数々の仕掛けについてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

【写真】鮮やかなピンク色のドレスを着た新垣結衣

 * * *

 2016年12月20日の最終話から4年あまり。1月2日の21時から、ついに『逃げるは恥だが役に立つ』(以下『逃げ恥』に略)の続編「ガンバレ人類!新春スペシャル!!」が放送されます。

 その内容は、「契約結婚から生まれた恋を経て、みくり(新垣結衣)と平匡(星野源)が結婚を決めてからの日々を描く」「どの夫婦にでも起こりうるさまざまな人生の転機を2人はどう乗り越えていくのか!?」というもの。では、“さまざまな人生の転機”とは何なのでしょうか。

 先行公開されたポスタービジュアルには、赤ちゃんを抱きかかえる2人の姿とともに、「ホルモンバランス」「無痛分娩」「姓名判断」「育休取得ミッション」「(子育てで)VS睡魔」「保活」「職場復帰」「時短勤務」などの出産・子育て関連や、「ディスタンス!毎週火曜のハグは?」「緊急事態宣言」「自粛要請」「パンデミック」などのコロナ関連と思われるキーワードが挙げられています。

 また、「“ある出来事”がみくりと平匡の間を引き裂き、離れ離れの日々を過ごすことになる」という展開が予告されているなど、2時間25分に渡る長尺ドラマだけにその内容は盛りだくさん。脚本を手がけるのは4年前の連ドラと同じ野木亜紀子さんであり、当時も「家事の対価」「多様な生き方の尊重」などの社会派テーマを絡めつつ現在の日本社会をリアルに描いていただけに、続編も期待していいでしょう。

 そして特筆すべきは、放送前のPRがさまざまな角度から徹底して行われていること。放送前の段階からファンを楽しませつつ、リアルタイム視聴につなげるための多彩な策が用意されていることに驚かされます。

放送前からファンを喜ばせる仕掛けを用意

 放送前のPRと言えば、主要キャストが情報番組やバラエティに出演する番宣を思い浮かべる人が多いでしょう。実際、今回の続編でも、昨年12月25日に『あさチャン!』『グッとラック!』『ぴったんこカン・カン クリスマススペシャル』、26日に『王様のブランチ』などで番宣が行われ、放送当日にも『ニンゲン観察バラエティ モニタリング 謹賀新年スペシャル』でのPRが予定されています。

 ただ、このような普通の番宣だけではないのです。

 まず4年前のドラマを「全話一挙放送SP」と題して、1月1日の14時30分~16時30分、2日の5時40分~11時50分と12時~15時に放送。2日21時からの続編放送に直結させるような番組編成で流れを作っています。

 ただ4年前のドラマは、新型コロナウイルスの感染拡大で『私の家政夫ナギサさん』の撮影が止まった影響を受けて昨年5月~7月に『逃げるは恥だが役に立つ ムズキュン!特別編』が放送されたばかり。その終了からまだ半年程度であるにも関わらず、また再放送をする徹底ぶりに、作品への自信と意欲を感じさせられます。

 制作サイドは、さらに下記のような放送前の仕掛けを用意していました。

・TwitterやInstagramで「10月初旬のクランクイン」「12月1日のポスタービジュアル解禁」「津崎家新ハウス公開」などの事前情報を放送3か月以上前からこまめに発信。「放送まで、あと〇日!」のカウントダウンを絡めた投稿は、何度もネットニュースにピックアップされている。

・みくり&平匡が3Dアニメーションとして出現するARフィルターを番組公式Instagramで公開。2人との写真撮影や“恋ダンス”を踊ることができ、さらにそれをSNSに投稿して楽しむこともできる。

・劇中に登場するオリジナルグッズを先行発売。オリジナルマスク、オリジナルスタイ、「くまみくり鏡もち」のぬいぐるみとキーホルダー、「くまみくり」ベビーキャップなど。

・ドラマの舞台となっている横浜市とタイアップしてコラボ婚姻届を作成。また、横浜市役所だけで見られるスペシャル動画も公開され、「横浜マリンタワー『願いの塔』逃げ恥妄想?!キャンペーン」も行っている。

・『逃げ恥』ファンのフワちゃんが新春スペシャル特別バージョンの「恋ダンス」撮影現場を突撃した様子をYouTubeで公開。12月25日に「フワちゃん突撃編」、29日に「フワちゃん恋ダンス挑戦編」が公開された。

・動画配信サービス「Paravi」でスペシャルナビ番組と限定予告を12月25日から配信。スペシャルナビ番組では、主要キャストによるスペシャル座談会、撮影裏話、キャストが選ぶムズキュンシーン、2021年の目標などが見られる(会員登録せずに無料で視聴可能)。

 思えば、昨年5月の『逃げるは恥だが役に立つ ムズキュン!特別編』も単なる再放送ではなく、未公開カットをたっぷり使用していたほか、“リモート恋ダンス”は新たに撮影されたものでした。当作のスタッフは、「見てもらうための労力を惜しまない」「ファンが喜びそうなことを先回りして行う」ことを徹底しているのです。

「ガンバレ人類!」に込められた意味

 話を続編の物語に戻すと、キャストには、石田ゆり子さん、大谷亮平さん、藤井隆さん、真野恵里菜さん、成田凌さん、古田新太さんらの続投組に加えて、西田尚美さん、青木崇高さん、滝沢カレンさん、池谷のぶえさん、ナオト・インティライミさん、金子昇さん、Kaitoさん、前野朋哉さんが新たに登場。みくりと平匡の務める勤務先が変わるため、新たな人間関係が描かれ、2人の結婚生活に影響を及ぼしていくようです。

 しかし、新たなキャラクターが多くても、はっきりとした悪役が登場したり、ギスギスした人間関係が描かれたりすることはないでしょう。新垣結衣さんは今作について、「(見る人の)息抜きとちょっとした希望になればいいなと思います」とコメントしていました。その意味で注目したいのが、サブタイトルの「ガンバレ人類!」というフレーズ。

「人類」と掲げているわけですから、やはり続編も、みくりと平匡の人生を描くだけでないのでしょう。「いろいろな生き方を選ぶ人がいていいんだよ」「人生にはいろいろなことがあって、思い通りにいかないことも多いけど、みんなで頑張っていこう」という個人や社会全体にエールを贈るような心地いい作品となることが予想されます。

 作品としてのクオリティに加えて、さまざまな角度からの事前PRもあるだけに、視聴率とネット上の反響をどこまで伸ばしてくれるのか楽しみです。

【木村隆志】

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

あわせて読みたい

「逃げるは恥だが役に立つ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  8. 8

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。