記事

キンプリ平野紫耀、セクゾ中島健人、キスマイ北山宏光が”大炎上” 原因は「事務所のパワーダウン」と「下ネタファンサービスの歴史」 - 田幸 和歌子

1/3
《自分の応援するタレントが原案とか信じたくないくらいショックだった。女性をバカにしてる》

【写真】この記事の写真を見る(12枚)

《絶句。ミニスカートをじろじろ見たり、胸を揉む演出にドン引き》
《北山くんのことは大好きだけど、このドラマは応援できない。あまりにもひどい》

 動画配信サービスdTVのオリジナルドラマ「快感インストール」の第一話が12月3日に無料先行配信されると、こうした阿鼻叫喚の声がネット上に飛び交った。

「快感インストール」(番組公式サイトより)

 これは、Kis-My-Ft2・北山宏光が3~4年前から練ってきた構想を原案としたドラマで、「女性の胸に触れると、その女性の快感を自分にインストールできる特殊能力」を持つ主人公・タカ(二階堂高嗣)の恋愛模様を描いた作品だ。情報が解禁されるや、Twitterでは「♯快感インストールの配信中止を求めます」といったハッシュタグが広まる事態になってしまった。

 ジャニーズといえば、2020年夏に放送された中島健人・平野紫耀W主演のドラマ「未満警察」(日本テレビ)で、2人が双眼鏡で女湯をのぞき見する場面が「性犯罪」として問題視されて炎上したばかり。なぜ、ジャニーズのドラマが立て続けに“下ネタ”で炎上したのだろうか。

下ネタ満載でも傑作だった作品と「未満警察」の違い

 実は、ジャニーズの下ネタは今に始まったことではない。

 ただし、彼らの下ネタとの関わり方には2種類ある。周囲に与えられた役柄・セリフなどを仕事としてこなしているケースと、自ら発信しているケースだ。「未満警察」は前者で、「快感インストール」は後者だろう。そしてこの2作の“炎上の本質”はまったく別のところにある。

 まず、「未満警察」の炎上について考えてみよう。

 下ネタドラマといえば、まず錦戸亮主演の「ごめんね青春!」(TBS系・2014年)が思い浮かぶ。錦戸が授業中に「これ、誰の~?」といってブラジャーを振り回し、「湘南の風か!」とツッコまれるシーンが印象的だ。

 また、佐藤勝利主演ドラマ「49」(日本テレビ系・2013年)では、父親が交通事故で亡くなり、息子の身体を49日間だけ借りて生きるというストーリーが描かれた。「父親の魂が息子に入っている」ため、佐藤勝利が母親役(つまり、魂にとっては奥さん)の紺野まひるにキスしようとしたり、胸元を見たり、尻を見て欲情したりとかなり衝撃的だった。

 そして、ジャニーズが出演する下ネタドラマの金字塔といえば、二宮和也主演の「Stand Up!!」(TBS系・2003年)だろう。「童貞卒業」を目標とする高校生男子を描いたドラマで、「DB4=童貞ボーイズ4人組」を演じていたのは、二宮のほか、山下智久、成宮寛貴、小栗旬という奇跡のような豪華キャストだ。

 この3作は全編に亘って下ネタ満載の内容だったが、いま観ても不快感がないどころかグッとくる傑作だ。これらの作品と「未満警察」との違いはどこにあるのか。

一流クリエイターの「ジャニーズ離れ」

 時代の変化は当然あるだろう。ジェンダー観は日進月歩でアップデートされているし、SNSの隆盛も影響しているだろう。しかし大きな原因となっているのは、「脚本にも相当口出しする」といった話をドラマ関係者からよく聞くジャニーズ事務所の体質が原因になっているのではないかと思えてならない。

 これまでジャニーズが出演するドラマには第一線のクリエイターが関わってきた。「ごめんね青春!」は宮藤官九郎脚本、「49」は野島伸司脚本、「Stand Up!!」は堤幸彦監督だ。

 彼らは「下ネタ」のような、一歩間違えると顰蹙を買うような危険な題材を絶妙なバランス感覚で扱っている。

 しかしいま、こうした作り手がジャニーズドラマに関わることは少ない。

 かつてはジャニーズ事務所との骨の折れるやりとりをしても、十分おつりがくるほどに「ジャニーズ主演のドラマ」は数字が見込めた。特に90年代ドラマでは、木村拓哉、堂本剛、長瀬智也など、作り手が創作意欲を掻き立てられ、主演に起用したがる役者がいたが、今は事務所との様々な折衝を飲み込んでも、なお採算が合うような結果が出せるジャニーズは数少ない。

 したがって、すでにクリエイターと信頼関係を築いている木村拓哉や長瀬智也らを除くと、第一線で活躍している旬の脚本家たちがジャニーズのドラマに携わるケースは確実に少なくなっている。

「未満警察」の炎上には、そうした背景が透けて見えてしまうのだ。

下半身を風呂桶で隠して踊る「おけダンス」

 その一方で「快感インストール」の炎上の根はまた別のところにある。原案を考えたという北山個人のジェンダーリテラシーが未熟だったというのもあるだろうが、そんな単純な話ではない。それよりも根深い原因となっているのが、ジャニーズが脈々と受け継いできた「下ネタサービス」の歴史だ。

 そもそもジャニーズには、1969年の初演から脈々と受け継がれてきたミュージカル「少年たち」シリーズにおいて、ほぼ全裸で下半身を風呂桶で隠して踊る「おけダンス」を見どころにするなど、積極的に下ネタを取り入れてきた。

 ジャニーズのコンサートではデビュー組はもちろんとして、時折、まだ10代のあどけなさが残るJr.の子などが腰振りをし、ファンが盛り上がるケースが多々ある。ドームクラスでコンサートを行うグループの人気メンバーなどは、腰振りの股間がスクリーンに大写しにされ、それに対して黄色い歓声が起こることもある。子持ちの自分などは「これを見たら親御さんはどう思うのだろうか」と不安になってしまうほどにあからさまな演出だ。

あわせて読みたい

「ジャニーズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  9. 9

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  10. 10

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。