記事

イギリスにとって新時代始まる EU離脱完了

BBCニュース

イギリスの欧州連合(EU)離脱が12月31日深夜に完了し、イギリスにとって新しい時代が始まった。

イギリスは31日午後11時(日本時間1月1日午前8時)をもってEU規則に従うのをやめ、移動や貿易、移民や安全保障の協力関係などに関するEUとの新しい協定が施行された。2016年6月の国民投票で52%がEU離脱を支持したことを機に始まった離脱プロセスが、1年間の移行期間を経て、これで完了した。

2016年の国民投票からブレグジット(イギリスのEU離脱)を推進してきたボリス・ジョンソン英首相は、イギリスが「自由を手にした」と祝い、国民投票から4年半をかけて完了した離脱プロセスが終了した今、イギリスは「EUの友人たちとは違うやり方が自由に選べるし、必要ならばもっと良いやり方ができるようになった」と強調した。

「私たちは自由を手にした。それを最大限に活用するのは、自分たち次第だ」と、ジョンソン首相は新年のあいさつで述べた。

英政府の交渉責任者だったデイヴィッド・フロスト男爵は、イギリスが「再び完全に独立した国になった」とツイートした。与党・保守党のベテラン下院議員、サー・ビル・キャッシュは、「国家主権と民主主義にとっての勝利だ」と喜んだ。

一方で、ブレグジット反対派はEU離脱によって加盟国だったころより国の状態は悪化すると批判。スコットランドを連合王国から分離独立させてEUに再加盟させたいスコットランド自治政府のニコラ・スタージョン首相は、「ヨーロッパの皆さん、スコットランドはすぐに戻ります。明かりを消さないで」とツイートした。

エマニュエル・マクロン仏大統領は、イギリスは依然として「友人で同盟国」だと述べた。

イギリスとEUとの貿易や出入国管理の仕組みが変わったことを受けて、今後しばらくはEU域内と取引のある英企業は多少の混乱を経験するかもしれないと、複数の英閣僚が指摘している。

国境や港で物資の通関手続きが手間取り、行列ができるのではないかと懸念されているが、英政府は新しい出入国管理制度の準備は万端だと強調している。

<関連記事>

イギリスは今年1月31日に正式にEUを離脱したが、その後は移行期間として、貿易協定を交渉する間、EUの通商規則に沿って行動していた。FTAによって31日午後11時を最後に、イギリスはEUの単一市場と関税同盟を抜けるが、EUへの輸出で関税がかけられることはない。

移行期間の期限間際まで交渉が続いた自由貿易協定(FTA)は、12月24日に双方が合意。英議会は30日に協定関連法案を可決し、エリザベス女王がこれを裁可して成立した。

新しい貿易協定のもとで、イギリスとEUの間の輸出入は関税ゼロの状態が続く。ただし、国内総生産(GDP)の約8割をサービス産業が占めるイギリスにとって、金融サービスの扱いがまだ不明なため、イギリスからEU圏に移動する人や企業にとっては、事務手続きが増えることになる。

(英語記事 Brexit: New era for UK as it completes separation from European Union

あわせて読みたい

「ブレグジット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    ゲームストップ株暴騰 市場の宴

    ヒロ

  7. 7

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

  8. 8

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  9. 9

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  10. 10

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。