記事

「ケネディはCIAに暗殺されたのか」バイデンは"最後の機密文書"を公開できるか

1/2

1963年のケネディ米大統領暗殺事件は、ベトナム戦争の泥沼化や社会の分断を招き、米戦後史の大きな転換点となった。ケネディを敬愛するジョー・バイデン次期大統領が2021年10月、関連の機密文書を全面公開する見通しだ。果たして真相解明の可能性は――。

オープンカーの最後部座席に夫人と並び手を振るケネディ米大統領
凶弾に倒れる直前のケネディ米大統領(アメリカ・ダラス)=1963年11月22日 - 写真=AFP/時事通信フォト

バイデン次期大統領にとってケネディは「伝説の星」

年配の米国人は、1963年11月22日のケネディ暗殺事件をどこで聞いたか記憶している。当時、デラウェア大学の2年生だったバイデンは『アメリカはJFK暗殺を記憶する』(2013年)という著名人の著作集に短文を寄稿した。

「今も鮮明に記憶している。金曜日の午後で、暖かい日だった。授業が終わり、ホールから外へ出ようとしたら、誰かが『大統領が撃たれた』と叫んだ。キャンパス内に車を止めていたので、友人3人で車まで走り、カーラジオを付けた。信じられない思いだった。30分後か1時間後、大統領の死亡が伝えられた。学生らは口々に『聞いたか』『本当か』と叫んで途方に暮れた」

当時の学生がマイカーを持つのは異例だが、バイデン家は裕福ではないものの、父親が中古車のセールスマンだった。バイデンとケネディは同じアイルランド系カトリックで、バイデンにとってケネディは輝ける星だった。

「ケネディが当選した時、私は高校生だった。ケネディはすべての可能性を切り開いた。就任演説から月面到達の夢まで、彼は未来にあらゆる可能性があると力説した。60年代、アイルランド系カトリックは『2級市民』とみなされていたが、彼のおかげでプライドを持てた。偉大な伝説の人物だ……暗殺は米国で絶対に起きてはならないことだ」

1992年の「JFK暗殺記録収集法」で暗殺文書全面公開を決定

2021年1月20日、バイデンはケネディに次いで米史上2人目のカトリック教徒の大統領となる。

そのケネディ暗殺事件はいまだに謎のままだ。

後任のジョンソン大統領が設置したウォーレン委員会の報告書は、リー・ハーベイ・オズワルドの単独犯行であり、陰謀はなかったと結論付けた。

しかし、暗殺50年後の2013年の世論調査では、暗殺に組織的陰謀があったと思う米国人は61%で、単独犯行と考える30%を大きく上回った。米国では、関連本が300冊以上出版され、依然として関心の高い「未解決事件」だ。

一方で、ケネディ暗殺事件の情報公開はかなり進んでいる。事件は、中央情報局(CIA)やマフィアの一部が実行したとする「陰謀説」を描いたオリバー・ストーン監督の映画『JFK』(1991年)が反響を呼ぶと、米議会は1992年、「JFK暗殺記録収集法」を採択し、関連文書を25年以内に全面公開することを決めた。

CIAやFBIが一部文書の公開延期を要請?

暗殺事件関連の文書は計約500万ページに上り、同法に沿ってこれまでに88%以上の文書が全面的に、11%は一部黒塗りで機密を解除され、ワシントン郊外の国立公文書館で公開されている。

残りの3200点の文書も2017年10月に解禁が予定され、トランプ大統領は「JFKファイルの全面公開は明日だ。非常に興味深い」とツイートしていた。

ところが解禁されたのは2890点で、残る約300点の公開が突然延期された。1992年の法律は、「国家安全保障上の理由で大統領は公表を見送ることができる」としており、CIAや連邦捜査局(FBI)が大統領に一部文書の公開延期を要請したためとみられてきた。

しかし、大統領はその際、「文書秘匿が適切かどうかを2021年10月26日までに再検討する」としており、公表の是非をバイデン次期大統領が判断することになる。

多くの歴史家らはすでに、文書の全面公開を求めている。上院議員として1992年の文書公開法を支持したバイデンは、高校時代から敬愛する大統領の悲劇の真相解明に動く可能性が強い。

オズワルド単独犯行説が虚構であるのは確実

筆者は20年前、テキサス州ダラスのデーリー広場を訪ねたが、現場を見ると、オズワルド単独犯行説が虚構であることがすぐに分かった。オズワルドが撃ったとされる教科書ビル6階から現場の道路まで80メートル以上あり、街路樹が邪魔をしていた。海兵隊で射撃の成績が悪かったオズワルドが、1発撃つたびに手元のレバーを引くイタリア製旧式ライフル銃で6秒間に3発発射し、動く標的に命中させたとは思えない。

しかし、オープンカーの右前方、グラシーノールと呼ばれる垣根からはざっと30メートルで、十分狙える距離だ。現場にいた90人のうち、警官を含め60人以上がグラシーノールから発砲があったと証言した。写真家のザプルーダーが撮影した8ミリフィルムでも、致命傷となった銃撃で大統領は後方に反り返っており、前方から銃撃があったことが分かる。

事件の2日後、オズワルドがナイトクラブ経営者のジャック・ルビーにダラス警察署で射殺されたこと、車列が無防備で、パレードのルートが前夜変更されたことと併せ、陰謀があったのは確実だ。

あわせて読みたい

「ジョン・F・ケネディ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  7. 7

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。