記事

箱根駅伝「優勝は3強青学・東海・駒澤ではなく、72年ぶり明治大」という大穴

1/3

コロナ禍で沿道での応援自粛を「お願い」している箱根駅伝2021。優勝争いは3強の青学大、東海大、駒澤大と目されているが、元箱根ランナーであるスポーツライターの酒井政人さんは、「3強に迫る実力があるのが過去7度のV経験のある明治大です。1949年以来の72年ぶりの歓喜もありえます」。テレビ観戦を100倍面白くする裏ネタ21を紹介しよう――。

元箱根ランナーが厳選「テレビ観戦でツウぶれる裏ネタ21」

コロナ禍で開催される箱根駅伝2021(1月2、3日)。はたして今回は、全10区間約11時間の中で、どんなドラマが繰り広げられるだろうか。

優勝を巡る各校の駆け引きやレース展開が気になるが、多くのチーム・選手の取材をしてきた元箱根ランナーの筆者としては、「テレビに映らない」部分にも注目してほしい。そこでとっておきの箱根駅伝2021のトリビア(豆知識)を21個紹介したい。

▼トリビア1 「無観客開催」の謎

>往路を5位でゴールする明治大の鈴木聖人=2020年1月2日、神奈川県箱根町(写真=時事通信フォト)

一部メディアが2021年の箱根駅伝は「無観客開催」と報じたことが大きなインパクトとなって世間に広がった。そんなことできるわけがない、と思った方もたくさんいるだろう。そこで事実確認をしておきたい。

箱根駅伝を主催する関東学生連合は加盟校に対して応援自粛を「要請」しているが、一般の方には沿道での応援を自粛するように「お願い」している立場。当然、一般の方への強制力はない。

そのなかで関係者は、『応援したいから、応援に行かない。』というキャッチフレーズの下、大会を安全に運営することを考えている。箱根ファンならば、今回は自宅でのんびりとテレビ観戦するのがいいだろう。

▼トリビア2 青学大の元コーチが東海大に“移籍”

前回の箱根駅伝は青山学院大が2年ぶり5回目の総合優勝に輝いた。一方で連覇を狙った東海大は2位に終わった。青学大・原晋監督と東海大・両角速駅伝監督は同学年ということもあり、バチバチのライバル関係だ。

そんな両校間で思わぬ“移籍”があった。昨年度まで青学大のコーチを務めていた瀧川大地氏が退職した後に、東海大のコーチに就任したのだ。瀧川コーチは東海大で主にスカウトを担当しているが、青学大がどんな取り組みをしていたのか、東海大はその内情やスキルを吸収したとすれば、レース展開に与える影響は小さくないだろう。

▼トリビア3 「黄金世代」の1学年下は部員が少ない

前回2位の東海大の立役者は4年生だった。2015年の全国高校駅伝1区で1、2、4、5、6位だった選手が同大に入学し「黄金世代」を築いた。しかし、こうした黄金世代がいるとレギュラー確保が難しいと判断した選手もいて、現在の4年生は8人しかいない(昨年の4年生は18人)。それでも、2016年の全国高校駅伝でトップ3を独占した名取燎太、塩澤稀夕、西田壮志が主軸に成長。今回はこの4年生トリオを軸に王座奪還を目指している。

▼トリビア4 コロナ禍のトレーニングは過酷?

コロナ禍で4月に「緊急事態宣言」が発令されたのに伴い、大半の大学が4~6月は自粛期間になった。たとえば、東洋大は3月27日~6月21日までが自粛期間となり、選手寮も閉鎖。選手たちは実家に帰省して、各自でトレーニングを行った。

一方で、青学大は基本、選手たちが寮に残ることで、外部との接触をシャットダウン。徹底したコロナ対策を講じてきた。自粛期間が終わった後もマスクを着用して練習する機会が増加。ある選手は、「マスクは呼吸がしづらくて暑くなるので、同じ練習でもきつく感じます」と苦笑いしていた。

「ナイキ厚底」着用率、前回は84.3%、今回は9割超必至

▼トリビア5 箱根駅伝予選会は過去最高レベル

10月17日の箱根駅伝予選会は陸上自衛隊立川駐屯地の周回コースで無観客開催となった。フラットコースで気象条件に恵まれたこともあり、順大が過去最速タイムでトップ通過。一方、高速レースに対応できなかった中央学院大は19年連続出場を狙っていたが、惜しくも逃した。

この予選会では、2人のスーパールーキーが活躍した。三浦龍司(順大)がハーフマラソンで1時間1分41秒のU20日本最高記録を出し、吉居大和(中大)も大迫傑が保持していたU20日本最高タイの1時間1分47秒で走破した。

▼トリビア6 全本大学駅伝は2年生エース田澤廉の活躍で駒大が6年ぶりV

11月1日に行われた全日本大学駅伝(以下、全日本)は7区までに5回の首位交代があり、順大、城西大、早大、青学大、東海大がトップに立った。そして、最終8区は“3強”といわれていた青学大、東海大、駒大がトップ集団を形成。最後は駒大の2年生エース・田澤廉が東海大・名取燎太を突き放した。6年ぶりの日本一に輝いた駒大は学生三大駅伝で最多となる22回目の優勝になった。

▼トリビア7 今季もナイキ厚底シューズが爆走中

全日本は記録の面でも素晴らしかった。駒大が大会記録を2分以上も更新して、5位早大までが大会新。4区間(1、4、5、6区)で合計13人が区間新記録をマークした。

区間賞を獲得した8人全員がナイキ厚底シューズを着用。6人が最新モデルの「エア ズーム アルファフライ ネクスト%」を、2人が前モデルの「ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」を履いていた。

前回の箱根は210中177人(84.3%)がナイキ厚底シューズを着用していたが、全日本は出場200人中186人(93.0%)とさらにシェアを伸ばしたことになる。今回の箱根ではその数字を超える可能性もある。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/code6d

▼トリビア8 冬開催の日本選手権で好タイム

コロナ禍の影響で6月から10月に延期した日本選手権は長距離種目のみ、12月4日に開催された。これは一時凍結されていた東京五輪参加標準記録が12月から有効になるためだ。珍しい冬の日本選手権は好タイムが続出した。

男子10000mは前回の箱根駅伝2区で激戦を演じた相澤晃(旭化成・東洋大出身)と伊藤達彦(Honda・東京国際大出身)が高速バトルを展開。相澤が27分18秒75、伊藤が27分25秒73をマークして、ともに日本新記録&東京五輪参加標準記録(27分28秒00)をクリアした。

10000mでは田澤廉(駒大)が今季日本人学生最高の27分46秒09で8位に入ると、中谷雄飛と太田直希の早大3年生コンビ、池田耀平(日体大)も27分台に突入した。5000mでは吉居大和(中大)がU20日本記録を13分25秒87に短縮して3位に食い込んでいる。

なお有効期限外ながら3000m障害の東京五輪参加標準記録を上回っていた三浦龍司(順大)は障害の練習中に右太腿の付け根を打撲した影響で欠場した。

あわせて読みたい

「箱根駅伝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  5. 5

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  6. 6

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  7. 7

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    車移動に回帰? ペーパー講習混雑

    井元康一郎

  10. 10

    デパ地下以外は死んでいる百貨店

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。