記事

コロナ押さえ込みに消極的な菅政権 犠牲者多数 さらにコロナ感染が拡大する 今年こそ自民党政権を終わらせませんか

いよいよ2020年も終わり、2021年を迎えました。
昨年の大晦日はコロナ拡大は、最高値を更新という最悪の日となりました。
1日で4500人を超えるなんて異常すぎます。歯止めが掛からないのも当たり前の話です。

菅政権には抑え込むという意思がないからです。

経済優先。
感染するのは自己責任

これが菅政権の姿勢です。
4月5月は、それでも、国が主導して「緊急事態宣言」ということで、裁判所までもが期日を取り消し、延期してしまいました。すべて一律、機械的に行ったために2か月から3か月も裁判が止まってしまい、動き出しても裁判所で事件が滞留状態になっていたために、なかなか審理が進まないという状況もありました。裁判所職員もテレワークということで在宅勤務になっていましたが、在宅では訴訟記録が見れないため事実上の「お休み」だったのではないかと思います。それでも裁判所施設内の「密」を避けるという意味での対策は、とにかく国として対応しているという姿勢だけは見えました。

学校を休校にしたのは愚策中の愚策でしたが、拡大防止という観点からは益にもなりませんが、少なくとも拡大方向には行きません。

北海道の鈴木知事も大阪府の吉村知事も同じように積極的な発信がありました(やっぱり3月の学校休校は有害でした。)。パフォーマンスであろうと、これが支持率上昇につながっていました。鈴木知事は今や歯切れが悪く、じれったさを感じさせます。

この間の対策としては「緊急事態宣言」の是非はともかく、国が主導してコロナ対策のための不要不急の外出を抑制し、2週間、耐えるという呼び掛けが不可欠でした。政権は「勝負の3週間」なんて言っていましたが、何の勝負もかけていません。本気でやるなら広報車を、特に繁華街に走らせなければ、やった内に入りません。記者会見して呼び掛ければ済むという程度ではむしろ逆にやる気を疑いますし、実際にやる気がなかったわけです。

外出自粛は、一斉に行うことが必要なため、国が音頭を取って実施する必要があり、そのために国民の理解と協力が不可欠なのですが、菅政権は、全くリーダーシップを発揮しませんでした。  だから「勝負の3週間」といってみても積極的な広報活動は全くせず、あっという間に3週間がたってしまったのです。結果が伴わなかったのはむしろ当然でした。

新型コロナウィルスに対するワクチンの恐ろしさ 無謀な人体実験が世界で始まった 感染対策放棄の正当化

GOTOトラベルと併用では「勝負の3週間」なんて全くやる気がないのもよくわかったし、そうした中で、感染の拡大は続きました。人災です。

さらに今度は、特措法の改正で飲食店に対して営業時間の制限を強権的にやろうという発想です。
<独自>コロナ拡大で特措法、2段階で改正 政府検討、国と地方の権限見直しへ」(産経新聞2020年12月31日)

実際にどこまで強権的にできるかはともかく、時短要請の前に国民に対する呼び掛けが全くありません。
朝日新聞のこの記事は間違いです。 「専門家「1月末に死者急増も」 大みそかに感染最多更新」(朝日新聞2020年12月31日)
「政府や首長らが繰り返し注意や対策を呼びかけてきたが、効果は出ていない。野党からは緊急事態宣言を求める声も出るなど、より強い対策が必要とする声が上がった。」

「繰り返し注意や対策」なんてやってません。むしろこのやる気のなさを批判しなければならないのに、この論評は逆です。

GOTOトラベルに最後の期待を掛けていたというこの記事もやはり深刻です。
廃業決めた温泉旅館経営者「最後にGoToで少し夢を見させてもらった」」(NEWSポストセブン)

「坂田さんに追い討ちをかけたのは「コロナウイルスの感染拡大にGoToが影響している」と言わんばかりの政治家や、専門家の発言である。世間もそれに倣い、GoToはすぐに中止すべきという風潮が出来上がったが、それは宿泊業者の血の滲むような努力を嘲笑うかのようであったと話す。」

こうした声に耳を傾けることは大事です。

問題なのは、菅政権によるGOTOトラベルの見切り発車でした。多くの国民はGOTOトラベルでなくてもコロナがなければ旅行する層は旅行していたし、拡大すれば外出を自粛します。そのような時に何故、煽るような形でGOTOトラベルを実施したのかということが問われていました。

時期尚早という声を無視して実施されましたが、全国ですぐにたがが緩みましたが、これは政権の姿勢の反映です。その後、徐々に拡大してきたときも無視、そうした姿勢が今日の状態を招いているということです。

2020年12月25日撮影



現状ではGOTOトラベルを実施しようと誰も旅行には行くことはありません。感染の可能性は、今やどこにでも誰にでも存在しているということです。

いつ自分が感染してもおかしくないくらい、感染が拡大してしまったということです。
そうしたリスクを考えれば、現状で外出を控えるのが当然の行動です。だから旅行だって同じく中止したのです。 しかし、GOTOトラベルの停止も含め、何もかも対応が遅すぎました。
その結果が感染爆発です。まだまだ感染は拡大します。潜在的感染者が増大しているし、倍々ゲームのようになります。
今年はもっとひどい状況になるでしょう。
旅行業界だけでなく、もっと広範囲に影響を及ぼすことは必至です。
対策が後手後手になったために最悪の状況にしてしまいました。統治能力の欠如です。
安倍・菅両政権による失政は、取り返しのつかないところまで来ています。

今年こそ、このような自民党政権を終わりにしませんか。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

  5. 5

    テレ東が先陣 マスク着用で好評

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  7. 7

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  8. 8

    首相演説を批判 朝日に「何様?」

    鈴木宗男

  9. 9

    慰安婦判決に感じる韓国の価値観

    WEDGE Infinity

  10. 10

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。