記事

NiziU紅白初出場でトラブル?笑顔のパフォーマンスに「プロだった」

第71回NHK紅白歌合戦に初出場した9人組ガールズグループNiziUが、パフォーマンス中にトラブルに見舞われたとみられる場面があった。

紅白後半戦のトップバッターとして登場したNiziUだったが、曲が流れ出した際、画面に映しだされたのは1人少ない8人の姿だった。登場時に不在だったのはメンバーのマユカで、本来いるはずの中央右寄りの位置にはスペースが空いていた。歌が始まり、別のメンバーがアップになってから再び引きの画面に戻ったときには、空いていたスペースにマユカが戻っており、何事もなかったようにパフォーマンスを続けた。

歌い終えた後には総合司会の内村光良が「9人揃ってよかったね!」と声をかけて労っていた。

NiziU公式サイト

Twitter上には、冒頭で「プツプツ」と音が聞こえたという投稿や、マユカの歌唱パートで本人の声ではなく音源が流れていたなどという指摘もあり、マイクトラブルを疑う声があがっている。

NiziUをめぐっては、今月20日に活動休止から復帰したミイヒや、29日の紅白リハーサルを体調不良で欠席したマヤなど、ファンの間では9人で出場できるのか心配する声が出ていた。意外な形で8人での登場となったため、SNS上でファンは動揺を見せたが、トラブルを乗り越えて後半のラップパートを含めて堂々とパフォーマンスを終えたマユカを称賛するツイートが相次いでいる。

「入るタイミングと速さ完璧すぎ」
「マユカいなくて泣きそうだったけど、9人無事揃って本当によかった」
「トラブルでも笑顔でやりきってプロだった。ラップ間に合ってよかった」

あわせて読みたい

「紅白歌合戦」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。