記事

GOTOだけでなく「ふるさと納税」もやめるべき

[画像をブログで見る]

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

GOTOトラベルが新型コロナウイルス感染拡大の影響から、一時中止となりました。そもそも、普段行かない人たちが高額ホテルに殺到し、旅行に出かける時間がある人だけが恩恵を受ける不公平な制度だと思っています。

15%が受け取れる地域クーポン券も使い勝手が悪く、ほとんどの人が現地で仕方なく無駄なものを買っている状態です。

非効率な観光業振興策あり、観光業をサポートするなら、もっと効率的で平等な方法にすべきです。

GOTOよりもさらに問題だと思うのが、「ふるさと納税」です。年末に向けて、駆け込みの申し込みが増えているようです。

ふるさと納税とは、納税ではなく寄付に当たります。自分が指定した自治体に寄付をすることにより、実質負担2000円で、その分を所得税から差し引くことができるのです。

そもそもは、応援したい自治体を自分の意思で選んで、経済的にサポートできるようにする目的で作られた制度です。ところが、現状のほとんどの利用者は、返礼品目当てにふるさと納税を行っています。それは、ふるさと納税の自治体ランキング(図表)を見れば明らかです。2000円で、牛肉やうに・いくら、カニといった高級食材がもらえる仕組みになってしまっています。

過熱する返礼品競争を沈静化させるため、ふるさと納税における自治体の返礼品は「寄付額の3割以下の地場産品」に限定されています。また、地域に関係のない金券を贈ることも禁止されています。

ところが、民間企業は規制の対象外で、ふるさと納税サイトの運営会社が、独自の特典を追加することは黙認されています。最近、アマゾンギフトなどが特典としてもらえるふるさと納税サイトが登場しています。実質的な返戻額の上乗せになっている「抜け穴スキーム」です。

寄付額の3割の返礼品としても、郵送コストや事務経費を含めれば、4割あるいは、それ以上のコストがかかっているはずです。

つまり、誰かが100万円のふるさと納税をしたとすると、100万円は住んでいる自治体の税額が減少し、返礼品コスト等で50万円近くが消えてしまい、寄付される実質的な金額は半分になってしまうということです。

総務省によると、全国の自治体が2019年度に受け入れたふるさと納税の寄付総額は、約4875億円とのことです。4割としても、2000億円以上が消えた計算になります。

GOTOもふるさと納税も、非効率な制度だとわかっていながら、やらない人が損をする制度です。

税収が減少し、財政赤字が拡大する中、もっと丁寧な税金の使い方を工夫すべきではないでしょうか?

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年12月31日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「ふるさと納税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。