記事

「必ず一緒に歌える日が…」GLAY、25周年ライブでファンとの約束 ステージの尊さ、ファンとの時間に改めて感謝も

1/3

 2020年12月19日・20日、GLAYが埼玉・さいたまスーパーアリーナでデビュー25周年のラストを飾る「GLAY DOME TOUR 2020 DEMOCRACY 25TH “HOTEL GLAY GRAND FINALE”」を行った。

【映像】GLAY「GLAY DOME TOUR 2020 DEMOCRACY 25TH “HOTEL GLAY GRAND FINALE”」

2019年にデビュー25周年のアニバーサリーに突入したGLAY。「GLAY DEMOCRACY(民主主義)」の名のもとに7つの公約を掲げ、メットライフドーム公演、15thオリジナルアルバム「NO DEMOCRACY」のリリース、全国アリーナツアー、25周年ベスト・アルバム「REVIEWⅡ~BEST OF GLAY~」のリリースなどを実現してきたが、「公約7:25周年総括の海外ロングツアー&ドームツアー」を残すばかりで、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりすべて中止に。

その後、さまざまな議論と試行錯誤を重ねるなかで実現したのが、今回のさいたまスーパーアリーナ公演だったというわけだ。

 GLAYにとって約11カ月ぶりの有観客ライブはもちろん、感染予防のガイドラインに沿って開催された。観客数は1万人に抑えられ、マスク着用のほか、声出しはすべて禁止。普段のライブとは大きく異なる状況のなかでGLAYは、25周年を総括すると同時に、“未来のGLAY”を予見させる圧巻のステージを繰り広げた。このライブはABEMAをはじめとするプラットフォームで配信され、全国のファンを熱狂させた。

「この一瞬が奇跡と思えるような時間を取り戻そう GLAYとともに…」

 会場の様子が映し出させると、そこには手拍子を鳴らしながらライブの開幕を待つオーディエンスの姿が。その直後に会場の照明が落とされ、記念すべきライブがスタートした。

オープニングは「HOTEL GLAY殺人事件」とタイトルされたショートムービー。GLAYのメンバーが突如現れた“もう一つのGLAY”に射殺されるという衝撃的な映像の後、ステージに青、黄色、緑、赤の球体が下りてきて、ソファに倒れた状態のメンバーの体内に入る……と演出に対し、コメント欄に「そういう始まり!?」「初参戦だけど演劇集団だっけ」という驚きの声が上がる。

 最初の楽曲は、最新シングル「G4・2020」からHISASHIが作詞・作曲を手がけた「ROCK ACADEMIA」。オープニング映像と同じ衣装に身を包んだTERU、TAKURO、JIROが爆音を鳴らし、圧倒的な一体感を生み出す。「カモン!」と呼びかけ、オーディエンスの手拍子を要求するTERUの姿からは、“声が出せない状況でも、GLAYらしいライブを作り上げてみせる”という気合いが感じられた。

 ソファに倒れ込んだままだったHISASHIのところに緑のライトが降り、楽曲のエンディングで復活。ギターを弾くかと思いきや、なんとマイクを持って歌い始まる。まさかのTERU&HISASHIのツインボーカルに、「HISASHIも歌っとるー!」「最高なんだが!!」という興奮気味のコメントが押し寄せる。

 「今日は楽しみましょう! 言葉はいらない。その手拍子だけで十分だ! よろしく!」とTERUの挨拶を合図にステージは再び暗転。スクリーンにはハリウッドのSF大作を想起させる映像が映され、「GLAY エピソード25」「エンタ―テインメントの逆襲」という文字が浮かび上がる。「テルとヒサシはヴェネツィアで新型コロナ軍の奇襲を受けた」「間一髪で帰国し、同盟軍のタクロウとジロウと酒を呑んだ」からはじまるストーリーはもちろん、現在のコロナ禍をモチーフにしたもの。

感染拡大によって停滞を余儀なくされながらも、配信ライブに活路を見出し、様々な施策を繰り広げてきたGLAY。最後に示された「当たり前のようにライブがあった日常、コロナ禍で大事な何かに気付かされた日々、この一瞬が奇跡と思えるような時間を取り戻そう。GLAYと共にあらんことを」という文章には、メンバー4人の真摯な思いが刻み込まれていた。

「MIRROR」のフレーズにファン「泣きそう」「言葉に出来ない」

 ドラムロールと手拍子が鳴り響くなか、ライブの衣装をまとった4人が再び姿を見せ、『ALL STANDARD IS YOU』を演奏。アコースティックギターとピアノからはじまり、立ち上がる炎とともに強靭なロックサウンドへと移行するこの曲は、2001年リリースのアルバム「ONE LOVE」の1曲目に収録された楽曲。絶望で覆われた世界のなかで、光を求めて歩んでいく決意を描いた歌詞は、2020年の状況にも強くリンクしている。

 HISASHIの鋭いギターフレーズに導かれた「MIRROR」では、TERUが「明日という日が絶望ばかりの毎日でも/こぼれそうなあの笑顔を探している」というフレーズを高らかに歌い上げた。この選曲も当然、2020年の世界に向けたもの。「泣きそう」「言葉に出来ない」といったコメントからも、メンバーの思いが視聴者にしっかりと伝わっていることが感じられた。

 ここで最初のMC。

 「“HOTEL GLAY GRAND FINALE”へようこそ! 昨日僕らは、みんなの歓声がないライブを初めて経験して、もう慣れました。みんなの思い、そして僕たちに届けようと思っている全ての愛情をこの両手に託して、そう、そのハンドクラップで僕らに届けてください!」「今日は言葉はいらない。その代わりに、みなさんのかわいい手で音を鳴らして僕たちに届けてください。それだけあれば僕らは幸せです!よろしく!」とTERUが力強い言葉をオーディエンスに投げかけた。

 そして「このコロナ禍でしかできない“Communication”していこうぜ!」というシャウトから「HIGHCOMMUNICATIONS」へ。拳を突き上げながら腕をクロスさせる恒例の振り付けに観客も同調し、気持ちいい一体感へとつながる。HISASHIのエッジーなギターサウンド、どこか不穏な雰囲気を生み出すTAKUROのギターソロ、JIROと永井利光による骨太のリズムも素晴らしい。

あわせて読みたい

「コンサート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  8. 8

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  9. 9

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  10. 10

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。