記事

「思わず春馬君にこう訊きました…」周囲の言葉から浮かび上がる、三浦春馬“本当の素顔” - 平田 裕介

 三浦春馬さんが放った言葉とセリフ、彼に向けられた言葉。

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 そのひとつひとつが、深く胸に刺さった年だった。


三浦春馬さん ©文藝春秋

 あの7月18日から5日後の7月23日に公開された『コンフィデンスマンJP プリンセス編』。

 公開日に「めざましテレビ」に出演した長澤まさみは、同作と前作『ロマンス編』と共演した三浦さんについてのコメントを求められて「愛敬があって人懐っこくて、とても正義感の強い子だったんじゃないかなと思います。私も弟のように思っていたところもあったので、とても残念ですが、コンフィデンスマンの映画に映っている春馬くんはとてもキラキラと輝いておりますので、その姿をみんなの目に焼き付けてほしいなという気持ちです」と答えた。

 同じ日の「とくダネ!」に出演した東出昌大は「まだ当分は受け容れられないだろうなと思います。ただ、すごい頑張り屋さんで、大好きだった彼なので、彼のした選択を言い訳にして僕らが頑張んないということを決めちゃったら、それこそ彼に対して申し訳が立たないので」と語り、「ジェシーが本当に素敵なんです。『ジェシーってさすがだな』というセリフがあったんですけど、それを心の底から言えるジェシーだった」と続けた。

心を揺さぶる演技と“憂い”

 ふたりの言葉通り、『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の三浦さん=詐欺師ジェシーは、キラキラと輝いていたし、「ジェシーってさすがだな」と思えるほど素敵だった。

 逝去した大富豪レイモンド・フウの遺産10兆円を狙ってダー子(長澤まさみ)たちが潜り込んだフウ家で開かれる、盛大なパーティー。世界中から集まった金持ちやセレブを獲物にしようとでも考えたのか、そこへダー子と因縁のあるジェシーも現れる。

 ばったりと出くわし、憎まれ口を叩き合いながらも踊るふたり。ミュージカルの舞台にも立ち続けてきた三浦さんならではの流麗な踊りが、この軽妙洒脱で豪華絢爛なシーンを盛り上げた。

 また、登場自体は少なかったものの、ダー子たちが仕掛けた計画にもしっかりと噛んでいて見せ場をさらっていくあたりには、彼のスター性を改めて感じさせられた。

 7月18日から約1カ月が経った8月15日には、太平洋戦争末期の核爆弾開発を題材にしたドラマ『太陽の子』(NHK)が放送された。三浦さんが演じたのは、京都帝国大学の物理学研究室で核爆弾開発に関わる石村修(柳楽優弥)の弟である陸軍下士官・石村裕之だ。

 肺の病気を患って実家に戻った彼は、修と幼馴染みの朝倉世津(有村架純)と海辺への小旅行に出る。穏やかな笑顔を見せていた裕之だったが、明け方にふたりのもとを離れて海に身を投げようとする。慌てて浜へと引き上げる修に「怖いよ。でも……俺だけ死なんわけにはいかん」と慟哭しながら話す裕之。

 自分よりも明るくてしっかりしていたはずの弟が、仲間たちが特攻で命を散らしていく恐怖と彼らになにもしてやれない悔恨を抱えていたことに戸惑う修だったが、同じように観ていたこちらも心が揺さぶられ、三浦さんの誕生日である今年の4月5日に発売された著書『日本製』のインタビューでの“憂い”を感じさせる言葉が重なった。

《俳優って、“人が優れる”とも書くというところから、優れた人がなるように言われることが多いように思います。でも、僕は本当にそうなのかなと思っていて。》
《昔から「いい人でいなければ」と必要以上に思い込んでいたかもしれません。「俳優というのは人として優れている人がやるものだ」「だってそうやって書くじゃないか」という言葉は、素敵な喩えだと思いながらも、「優れているって何?」と自問自答してきました。》

「そやな。いっぱい未来の話しよう!」

 だが、それ以上に心に刺さった、いや心を抉ったのは、終盤の穏やかなシーンだ。帰隊を翌日に控えた夜。「兄貴、元気でな」「お前もな」と酒を酌み交わしながら別れを惜しむ修と裕之。

 そこへ世津が現れ、兄弟の手を取りながら日本の今後のためにも修には学問に打ち込み、裕之には怪我をするなと話す。世津の言葉を受け、穏やかにも寂しげにも見える表情を浮かべて「そやな。いっぱい未来の話しよう!」と答える裕之。

『日本製』では《俳優はその人物……例えば歴史上誤ったことをしてしまった人物であっても、その人を演じることで、過去の過ちを繰り返させないように人々に思わせることが出来る》《絶望的な状況に思えても『その先には光がある』と希望を伝えることだって出来る》と俳優の使命と矜持、演技が生み出す力について語り、それらを抱えて《やっぱり前向きに生きていたいですもんね》と突き進んでいこうとしているのがわかる。

 さらに《30歳になる年を迎えるにあたって漠然と、頑張って海外の作品にも挑戦したいという想いはあります。僕の大きなゴールのひとつに海外のステージに立ちたいというのがあって》と、大きな目標も掲げている。それだけに、この「そやな。いっぱい未来の話しよう!」には心が抉られ、悔やんでも悔やみきれない思いに駆られた。

松岡茉優が「本当に素晴らしいあのお芝居を見てほしい」

 9月15日には、『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS)が放送された。三浦さんが演じたのは、大手玩具メーカーの御曹司で度を越した浪費癖で周囲を呆れさせている猿渡慶太。

 ドラマ放送の約1ヶ月前の8月2日。同作のヒロインを演じた松岡茉優は、MCを務めるラジオ番組『松岡茉優 マチネのまえに』で作品と三浦さんへの想いを語った。

「(放送に対する)決断についてはまっさらな正解というのはないだろうなと思います。でも、私のとても個人的な気持ちとして、1ヶ月と少し、近くで相手役としてお芝居を受けていた身として、あの素晴らしい猿渡慶太という人物を皆様に見てほしいと思いました。猿渡慶太、サルくんは彼しかいないなと思います。本当に素晴らしいあのお芝居を見てほしい」

 その言葉通り、三浦さん=猿渡慶太は素晴らしい人物だった。

 周囲の目をまったく気にせずにキックボードで通勤。通勤中に寄ったコンビニで買ったバウムクーヘンを同僚や上司にふるまう。異動したばかりの経理部の面々と秒レベルで打ち解け、ちゃっかり仕事を手伝ってもらう。

「甘いの、冷たいの、あったかいの、全部飲みたいじゃん、トライアングルで飲みたいじゃん?」と、欲求のままコーヒー3種をテイクアウト。そして、後輩の横領とその動機を生んだ経済的困窮を知るや「ポジティブ大事よ」ととがめることなく励ましてやる。

 破天荒で金銭感覚がズレまくった言動を取る一方で、底抜けに明るくて温かな慶太にクスリとさせられ、ホッコリとさせられた。そして、コミカルな役柄をいきいきと演じてみせる三浦さんの芸達者ぶりに感服した。だが、そんなキャラクターと演技を目の当たりにしたからこそ、この作品の制作中に起きてしまった辛い出来事がより強く際立ってしまうことにいたたまれなくなってしまった。

ブロードウェイの夢を抱いた三浦さんの姿にオーバーラップ

 そして12月11日には、三浦さんが幕末から明治初期を生きた実業家・五代友厚を演じた『天外者』が公開された。

 率先して英語を学び、ヨーロッパに飛んで知見を広めていった五代の姿には、どうしても海外の作品に立つ、ブロードウェイの舞台に立つという夢を抱いていた、三浦さんの姿と『日本製』での言葉がオーバーラップした。

《最近はもうどんどん「海外に行きたいです」とか「こういう役をやりたいんですよね」とかって言ってしまってます。そういう中で実現することもあれば、実現せずに終わることもあると思いますが、やりたいことがあって、それがさらに具体性を帯びているって、モチベーションにこそなってもマイナスなことは何ひとつないと思うから。あとは目標に到達するために自分が力をつければいい、そんな気持ちでいるんです》

「僕だっていろいろあるんですよ」

 また、同作を手掛けた田中光敏監督にインタビューする機会を頂いたが、そこで明かしてくれた思い出と三浦さんの言葉も胸に刺さった。

「僕、最後に春馬君と焼き肉を食べに行ったんですよ。(中略)現場以外で会う春馬君ってどうなのかと思っていたら、やっぱりそのまんま。変わらない。僕は思わず春馬君に『こんな質問しておかしいけど、どうして春馬君ってそんなに真っすぐなの?』って訊きましたよ。そうしたら、笑いながら『いやー、そんなことないですよ。僕だっていろいろあるんですよ』と答えていましたね」

「そやな。いっぱい未来の話しよう!」と語る三浦さんと一緒にその先を見たかった。

「僕だっていろいろあるんですよ」と語る三浦さんが抱えていた“もの”に気づけなかったことが悔やまれる。

(平田 裕介)

あわせて読みたい

「三浦春馬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。