記事

「技術」と呼ぶのはもうやめませんか?

今日の横浜北部は朝から快晴でした。昨日よりは寒くないですが、それでも冬ですね。

さて、久々に感じたことをコメント。

今週末に開催予定の「戦略の階層」についての講演会なのですが、その内容について色々と考えているときにどうしても気になるのが、日本語での「技術」と「テクノロジー」のニュアンスの違いについて。

すでにご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、本ブログではかなり以前から「テクノロジー」が社会に与える影響について何度も指摘しております。

なぜ私がここまでテクノロジーについてここまでしつこいくらいに言及するのかというと、これは日本語に翻訳された「技術」という言葉と、戦略学をはじめとする海外の学問での捉えられ方に大きな差があるからです。

もちろん私は「テクノロジー」という単語を「技術」という言葉に訳したことにとりたてて異議をもうしたいというわけではないんですが、それでも日本人が海外でいわれている「テクノロジー」という言葉を単純に「技術」とするときに、大きな意味の「自動変換」をしてしまうように思えてならないのです。

では何が問題なのかというと、日本人の言う「技術」という言葉のもつニュアンスがが、どうも具体的すぎるというか、非常に唯物論的な感覚がしてならないわけです。

たとえば「ものづくり」という九〇年代から進められている「(準)国策」がありますが、これなどは、そこから感じられるニュアンスがとっても具体的。「もの」をつくるわけですから。

ところが最近はこれで結果が思うように出なかったために「ことづくり」のほうが良い、みたいなアイディアも出てきているほど。

イノベーション(革新)という言葉があります。これだって日本人の手にかかるとなぜかやたらと唯物的に変化します。つまり「具体的なハードウェアの発明」みたいな感覚でとらえられてしまうわけです。

ところが伝統的なイノベーション関連の本を読むと、どうも本質は違う感覚であり、どちらかといえば「仕組み」というか、ソフトウエア的な「やり方」の部分の革新という意味合いが強い。

つまり本来の意味は、日本人の考え方ほど「唯物的」では全くないわけです。

じゃあ唯物的ではないとすればどうなるのか。それはその反対の「形而上的」なものなのです。イノベーションとは、実はもっと抽象的というか、目に見えづらいものであるということでしょうか。

ここで「戦略の階層」の話が出てきます。私がこの概念が非常に有効だと考えるのは、日本人のクセというか、戦略文化のようなことを教えてくれるからです。

それは何かというと、日本人の考え方というのは、この階層の下、つまり具体的で抽象度の低い、どちらかというと唯物的なものに偏りがちだということなのです。

「いやいや、技術を突き詰めて独特の世界観を出しているじゃないか」

という反論も一理あるとは思いますが、それは私からみれば単なる言い訳でありまして、本来の「形而上」的な意味での抽象度の高い考え方は(集団レベルでは)全然できていないと思います。

その証拠が、西洋でいう「テクノロジー」を「技術」と訳しながら、その微妙なニュアンスまで伝えきれていないこと。

もうおわかりだと思いますが、「テクノロジー」という概念と、日本語の「技術」という概念では、ニュアンスがだいぶ違います

なぜなら日本の「技術」だと、具体的な物質の組み合わせやノウハウ、技(わざ)という、かなりハードウェア重視的な概念になるわけですが、「テクノロジー」という言葉にはもっと知識というか社会的なもの、いわばソフトウェア的な意味が込められてくるからです。

簡単に結論をいいますが、日本は「技術」という言葉の使用を廃止して、これからそれに代わって「テクノロジー」という言葉を奨励するべきかと。

「技術」というハードウエア的なものだけにこだわっていたら、いつまでたっても上のレベルからコントロールされて終わりだからです。

「ものづくり」がその典型です。これは単に「ハードウエアの生産でがんばりましょう」ということ。しかしいくら優秀なハードをつくっても、ソフトが付随していないから負け続けております。

この失敗の反省から出てきた「しくみづくり」というのも、まだまだ抽象度は低いまま。戦略の階層で考えても、せいぜい「作戦レベル」が関の山でしょう。

では日本が本来目指すべきだったのは何かというと、それはずばり

(世界を自分の都合のよい状態にコントロールするための)仕組みづくり

ということだと思います。

「自分の都合のよい状態にコントロールするだなんて、なんて野蛮な!」

という方もいらっしゃるとは思いますが、残念ながら、世界の国々(とくに西洋諸国)は互いにたいして、そして日本にたいして、いかに都合良くコントロールしようかと毎日必死で考えているわけです。

そのような中で、ただひたすら階層の下の「ものづくり」なんかに邁進していたら、日本がこれからも負けつづけるのは火を見るより明らか。

その上の戦術、作戦レベルでコントロールされて終わりですから。

では日本がコントロールされたとしても、少なくともわれわれ個人がそれを乗り越えるために重要なのは何なのでしょうか?

その答えの一つが、私は「技術」という言葉を(一時的にせよ)捨てることだと思っています。

そしてもう一つの答えについて、私は今週末の講演会で詳しく語るつもりです。

ということでなんだか宣伝めいてしまいましたが、この問題は実のところ、なかなか根深いものなのかなと個人的には感じております。

みなさんのご意見をぜひ!

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  5. 5

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  6. 6

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  7. 7

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    リスクの高いヘッジファンドと同等のビットコイン 投資対象として魅力なし

    近藤駿介

    06月12日 17:02

  10. 10

    米議決権助言会社ISS、東芝の取締役候補5人の反対を推奨

    ロイター

    06月12日 20:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。