記事

「ウィ・ウォント・アベ!」 BRICs名付け親ジム・オニール氏が自民党の安倍晋三総裁にラブコール

新興国の頭文字を取った造語「BRICs」の名付け親として有名な米資産運用会社ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのジム・オニール会長は最新のニュースレターで、「2~3%のインフレターゲットを目指す」という次期首相の最有力候補、安倍晋三・自民党総裁の発言を受け、1985年のプラザ合意以降、続いてきた円高傾向が、これから数カ月の間に円安に反転する可能性があるとの見方を示した。

ニュースレターによると、オニール氏はプラザ合意以降、1995~97年の一時期を除いて円に対して強気だった。日本の貿易収支、そして経常収支が常に大きな黒字だったからだ。

バブル経済が崩壊した後の1990年代半ば以降、海外からインフレターゲットの導入を求める声が強まり、為替相場が円安に振れると読んで、円売りを仕掛けたトレーダーの多くが引退に追い込まれた。

しかし、今年9月の経常収支が現行統計を開始した1996年1月以来、初めて赤字に転落。政府債務残高は国内総生産(GDP)の240%になんなんとし、「ギリシャの債務危機が大した問題に見えない」とオニール氏はいう。

超円高で輸出産業は総崩れとなって、経済の立て直しは進まず、その上、領土問題や歴史問題で中国や韓国との関係が悪化。日本銀行は1%のインフレターゲットを定めながら、市場が期待するほど積極的な金融緩和策を取らず、さらに経済が弱体化するという悪循環が続いてきたとオニール氏は分析する。

ここ2~3年、次第に円に対して悲観的になり、円売りのタイミングを慎重に見計らってきたオニール氏だが、それにもかかわらず円高水準に張り付いたままだった。

日本銀行に2~3%のインフレターゲット導入を強く求めた安倍総裁の発言に、オニール氏は「円は現在の水準にだらだらと留まるか、そうでなければ向こう数カ月間に急激に円安に向かう」と歓迎する。

安倍総裁へのオニール氏のラブコールは、国内リフレ派が期待するデフレ脱却の光明になるのか、それとも「日本売り」のノロシなのか。国際市場も固唾をのんで日本の総選挙の行方を見守っている。

(おわり)

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  2. 2

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  3. 3

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  4. 4

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  5. 5

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  6. 6

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  7. 7

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  8. 8

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。