記事

清原和博にとってYouTuberはプロ野球選手に次ぐ第二の天職だ

YouTuber清原和博へ期待(イラスト/ヨシムラヒロム)

 ある意味、YouTubeに真打ち登場である。元プロ野球選手の清原和博氏が『清ちゃんスポーツ』、略して清スポを開設し、YouTuberデビューした。2016年に覚せい剤取締法違反罪で懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた清原氏は、2020年6月15日に執行猶予期間を終えた。有名人が犯罪に手を染めてしまったあと、どのように更生するかは人それぞれだ。有名人であることを生かす人、ひっそりと世間にまぎれることを選ぶ人など色々だが、一目で誰かわかる人は前者を選ぶ以外にない。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、リアリティーショー的な性質を持つYouTubeに新たな魅力をもたらしてくれる『清ちゃんスポーツ』について考えた。(文中一部敬称略)

【写真】打席に立つ清原和博

 * * *
 高木豊、里崎智也を筆頭に引退した多くのプロ野球選手がYouTuberに転身している。また雨上がり決死隊の宮迫博之やTKOの木下隆之のようにスネに傷を持った芸能人もYouTuberに。ならばスネに傷を持った元プロ野球選手の清原和博がYouTuberデビューを果たすのも自然の流れである。12月12日、清原和博の公式チャンネル『清ちゃんスポーツ』が開設された。過去、石橋貴明、片岡篤史、小田幸平のチャンネルにゲスト出演したことはあったが、自身が主役を務めるとなればその重みも変わってくる。

 #1の冒頭から清原という人間が表現されていた。蓮の花の写真と共に「辛い事もあった。苦しいこともあった。心が折れそうなこともあった。だから俺は泥の中から、花を咲かす。蓮の花のように生きてやる。」というポエムが字幕で流れる。本人の中で覚せい剤と縁を切れたという自信もあるのだろう。確かに顔を見れば、引退後の清原にあった他者を威嚇するような目、黒々と焼けた肌、高圧的な話し方は消えていた。色黒ではあるんだけれど、少し薄くなった気がする。ただの野球好きのおっちゃん的な穏やかなルックスに変化している。

 #2で清原は「もう一度、ホームランを打ちたい!」と野望を語った。今後、『清ちゃんスポーツ』は、清原和博という元薬物中毒者であり元プロ野球選手が再生していく姿を捉えていくのだろう。これはYouTubeというメディアで繰り広げられる大いなる復活劇である。

 若い神や英雄が他郷をさまよいながら試練を克服した結果、尊い存在となる物語「貴種流離譚」を常に人は求めてきた。日本球界で最も若くして成功したスター選手から薬物中毒者、そして人気YouTuberへ。これほどの紆余曲折があるのか、と言いたくなるほど清原の人生は物語性が強い。「地方の農家出身の人間が首相に」「街の不良が人気格闘家に」と視聴者はわかりやすいストーリーを好む。

 現在、人気YouTuberとなったキングコング・梶原雄太、オリエンタルラジオ・中田敦彦も清原と似た部分がある。彼らは若くしてスターとなった。しかし、自分が思い描いた芸能生活を送ることができず、大きな挫折を経験する。しかし、活動のフィールドをテレビからYouTubeに変えたことで新たなファンを獲得していった。YouTubeの視聴者は逆境に立った人が復活する姿を好む。彼らの復活劇に希望を見出し、自身を鼓舞するのだろう。かつていた頂上が高い人ほど注目を集めるし、落ちた穴が深ければそれだけ興味を引く。その高低差が復活への道のりの勾配となり、角度が急であるからこそ這い上がる姿にドラマ性が生まれる。

 ホームランを打つことを目的としている『清ちゃんスポーツ』では、清原の肉体が変わっていく様子も映されていくはずだ。現在の清原はお世辞にも良い身体とはいえない。腹がどっぷりと出て、膝の故障のせいで歩くのもキツそうである。全盛期までとはいかないが、ホームランを打つためのシャープなボディへと変化すれば、これまた目を引くことだろう。心境よりも肉体の変化の方が目に見えてわかりやすい。かつて苦渋の表情でトレーニングをする姿を晒すことは清原の十八番だった。

 清原に最も注目が集まっていた巨人時代、ハッスルプレーと共に印象に残っているのはオフシーズンの様子だった。毎年のように清原がトレーニングをする姿を追ったドキュメンタリーを放送していた気がする。「今年こそ完全復活!」とパーソナル・トレーナーのケビン山崎の元で肉体改造をしたり、鹿児島にある最福寺での護摩行をしたりと話題を振り撒いていた。どこかパフォーマンス性がある清原の自主トレに僕は夢中だった。

 強気だがどこか繊細な素顔を持ち、兄貴肌で子分に優しく、酒に強く異性にモテる。

 現役時代後期の清原は「球界の番長」として君臨していた。目立ちたがりといった側面もあるが、球界を盛り上げるためにわかりやすいキャラクターを自身に憑依させていた部分も多いはず。元来、清原はプレーと人間性の両面で人気を集めていた選手だった。過去、雑誌「FRIDAY」にプレーではなくプライベートにスポットを当てた「番長日記」という連載があったほど、素の清原はコンテンツとして価値があった。YouTuberは素顔を晒し続けることが求められる。終わることがないリアリティーショーの住人だ。よって、現役時代から人間性でも勝負をしてきた清原ほどの適任者はそういない。清原にとってYouTuberはプロ野球選手に次ぐ第二の天職である、と断言できる。

●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで月一回開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)

あわせて読みたい

「清原和博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  4. 4

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  5. 5

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  6. 6

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  7. 7

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  8. 8

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  9. 9

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  10. 10

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。