記事

チワワが諸費込みで60万円 コロナで高騰するペット生体販売の闇

1/2
かつてほどではないが今も人気犬種のチワワ(イメージ)

 ペットブームと言われてしばらく経つが、2020年はそれが加速した年でもあった。新型コロナウイルスの感染拡大で自粛生活を強いられ、癒やしを求めて新たにペットを家族に迎えた人が急増したからだ。俳人で著作家の日野百草氏がクリスマス商戦真っ只中、郊外の大型ペットショップでよく見られる、購入検討の景色をレポートする。

【写真】人気犬種のティーカッププードル

 * * *
「60万円は高いな、これつけなきゃだめなの?」

 クリスマスの飾り付けも華やかな店内、初老の男性が小声で店員の男に耳打ちする。店員が甲高い声で再度説明を始めたそばで、大柄な男性がチワワを抱いている。そばで中年女性がチワワの小さな頭をなでている。茶髪の若い女性が彼らに向かってお父さん、お母さんと呼ぶ様子から、彼らが家族であることが確認できた。初老の男性と中年女性がご両親、茶髪が娘さんだとすると、大柄な男性は彼女の旦那さんか何かだろうか。

「条件次第では安くなりますよ」

 店員の甲高い営業トークはさらに甲高くなり必死さが伝わってくる。ここは関東のペットショップ、なぜかこの近隣はショッピングモールやホームセンターのペットショップが乱立している。詳しく書けばすぐ分かる場所だが、筆者はペットビジネス関連のルポに関してはとくに慎重にならざるを得ない。信じてもらえなくて構わないがすぐ訴えてくるし、はっきり言って怖い人も多い。だから誰もルポルタージュなんか手がけないし、やってもすぐやめる。

「お迎えするんですか?」

 店員と離れたところでショーケースごしに猫を見ていた茶髪の娘さんに話しかけてみる。30代くらいだろうか。

「私じゃないです。そこの兄です。仕事決まったんでプレゼントです」

 なんと旦那さんと思っていたがお兄さんだったのか。それにしても娘さんの笑みには含むところがあるようだ。それはおめでとうございますと筆者が言うと、

「ちょっとバイト決まっただけですよ、それで犬ってふざけてるし」

 ざっくばらんに言い放って意地悪な笑みを浮かべる。いろいろ事情があるのだろう。30代男のバイトが決まったから親がクリスマスにチワワ、コロナ禍でも家庭の事情は本当にそれぞれだ。別のペットショップではそのコロナの影響で抱っこ禁止だったが、ここは「どうぞ抱いてください」なので息子さんはずっと抱いている。

あわせて読みたい

「ペット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  9. 9

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  10. 10

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。