記事
  • ロイター

FTSEラッセル、中国企業の追加除外も 米大統領令厳格化で

[上海 30日 ロイター] - トランプ米政権が中国軍関連企業への証券投資を禁止する措置を強化したことを受けて、金融商品指数を算出しているFTSEラッセルは中国企業を追加で指数から除外する可能性があると明らかにした。

米財務省は28日、11月の大統領令について、上場投資信託(ETF)、指数ファンドのほか、中国軍が所有または支配していると見なされる中国企業の子会社も適用されることを明確にした。

FTSEラッセルはこれまでに中国企業9社をグローバル指数から除外すると発表している。28日遅くに発表した声明で、米政府のガイダンスを精査しているとし「追加的な除外の可能性」について判断を下すとした。

1月4日に発表する方針を改めて示し、同月7日の取引開始から適用されると説明した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  6. 6

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  7. 7

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  8. 8

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。