記事

「予約困難な寿司屋の常連とはどんな人たちか」3年間で600万円分を食べた28歳の結論

1/2

28歳会社員の「寿司リーマン」さんは、稀代の寿司マニアだ。月給の6割を寿司に費やし、この3年間に600万円分は食べたという。なぜそこまでして全国の一流店を渡り歩いているのか。寿司リーマンさんの寄稿をお届けしよう――。

握った寿司を差し出す大将の手
口の中で儚く消える寿司には、魂が込められている。 - 撮影=寿司リーマン

■一流の寿司屋は寿司を食べる場所ではない

はじめまして。わたくし、「寿司リーマン」と申します。月給の6割を寿司に投資し、平均週4回全国の一流寿司屋を食べ歩いている28歳のサラリーマンです。これまで一流寿司に投資した金額は3年間で600万円。累計1万貫の一流寿司を食べてきました。

決してお金持ちの家系に生まれたわけではなく、いわゆる普通のサラリーマンである私が、なぜそこまでのお金と時間を投資して一流の寿司屋に通っているのか? その答えの1つが「一流の寿司屋に行くと成長できるから」です。

私にとって一流の寿司屋とは、寿司を食べる場所ではなく、自己成長につながる場所、いわば「ビジネススクール」なのです。

さまざまな角度から、「一流の寿司屋=ビジネススクール」という観点で読者の皆さまにその魅力をお伝えできればと思っています。

今回のテーマは、「一流寿司屋に通いつめる常連客の正体」です。

皆さまにとって、「全国の予約困難店を定期的に訪問する常連客の正体」はどのようなイメージですか? その正体を考察していきます。

飾り切りのイカの握り
一流の寿司はアート。細部にまで職人の哲学が詰まっている。 - 撮影=寿司リーマン

■常連の正体は大きく2つの年齢層に分けられる

私はこれまで、全国200軒の一流寿司屋を食べ歩いてきました。そこで出会った人の数はどれくらいか? 一流寿司屋の席数は平均でカウンター8席ほどです。同じ空間、時間を共にするのは1回あたり平均6名。単純計算で1訪問あたり6名×200軒訪問=1200名のお客さんと出会ってきたことになります。

その中で、何かのきっかけで実際にお話する方は、自分の隣に座った方がほとんどなので、毎回2名くらい。つまり1訪問あたり2名×200軒訪問=400名のお客さんと直接会話してきたことになります。

例えば、大将と「このヒラメの食感の感じだと、3日くらい寝かせていますよね?」などといった話をしていると、隣に座る渋めの50代男性にこう言われました。「キミ、いくつだ? 若いけど相当寿司を食べ歩いているな。20代のうちからそうやって身銭を切って一流に触れることは、大切なことだ」。その方は後にわかったのですが、関西圏で高級スーパーマーケットを経営している、メディアにも取り上げられている社長でした。

そうして隣席のお客さんと会話が弾むと、最終的に名刺をいただくこともあります。今までいただいた名刺の数は約50枚。そこから分析した事実と、私の肌感覚とを合わせて「一流寿司屋に通いつめる常連客の正体」をあぶりだしました。

寿司リーマンの名刺
寿司屋は社交場。名刺交換をすることも多い。 - 撮影=寿司リーマン

そこからわかったのは、「一流寿司屋の常連の正体は、大きく2つの年齢層に分けられる」ということでした。

■1つめの正体、バブル世代の経営者

一流寿司屋に通う常連客で最も多いのは、「経営者」です。私が寿司屋でこれまでいただいた名刺の7割強は、経営者でした。名刺には「代表」と記載されており、HPで社名を検索してみると、だいたい1~50名規模の会社の経営者。年齢層でいうと、50代前半の男性がボリューム層です。コンサルティングや飲食業界の方が多いです。経営者以外だと、医師、会計士、弁護士の方にもよくお会いします。

見た目の雰囲気は、質の高いジャケットを着こなしていたり、高そうな腕時計をしていたり。そしてお隣には奥さま、あるいは愛人なのか、同伴中のクラブのホステスなのかわからない、奇麗な女性がいることも多く、なんとなく「社長っぽいオーラ」を感じます。寿司を食べながら耳を傾け、会話内容を聞いてみると「この前うちの社員をあの寿司屋に連れて行ったんだけどさ」などといった話をされていることもあります。そうした見た目の雰囲気と会話内容から、「なんとなくこの人社長っぽいな」と思いながら寿司を食べます。

寿司屋のカウンター
カウンターを通しての「出会い」も寿司屋の楽しみの1つ。 - 撮影=寿司リーマン

■バブル期の価値観を強く持ち、とことんお金を落とす

私は大将と会話しながら寿司を楽しみたいタイプなので、「このコハダの皮目の柔らかさからすると、産地は熊本県天草ですか?」「札幌の寿司屋だとあそこがうまいですよね」などといった寿司好きならではの会話を仕掛けます。自然とほかのお客さんにもそうした会話が耳に入るので、隣に座っている社長らしき人に「キミ、なかなか面白い子だね」と声をかけられることがあるのです。最終的に名刺をいただくと「代表」の文字。こうしてたくさんの交流をしてきました。これがたまらなく楽しいです。

コハダの握り
江戸前寿司の技術が詰まった王道ネタ、コハダ。 - 撮影=寿司リーマン

このような方は、ご自身で会社を立ち上げられた、いわゆるオーナー社長なので、行動の自由が利く方が多いのでしょう。当然、お金も持っていますし、私的な飲食費用も経費で落とせるため、大枚をはたきやすいかと思います。会計の際に「領収書ちょうだい」というシーンをよく見かけます。

また、50代前半というと、俗に言う「バブル世代」の中心。

ルイ・ヴィトンのケースの上に乗ったマグロのサク
ルイ・ヴィトンのケースにマグロ。バブリーな寿司屋が人気を集めている。 - 撮影=寿司リーマン

世代的な傾向として、コミュニケーション能力が高くフットワークが軽い人が多いです。そして、男らしさや女らしさを大事にする。「貯蓄よりも消費!」という考えを持っており、ブランド志向が強い。若い頃から「猛烈に仕事をして出世したい、稼ぎたい」「高級車に乗りたい、ブランドもののバッグが欲しい」「銀座の高級寿司屋でうまい寿司を食べたい」などの価値観を強く持つ世代だからこそ、今でも一流寿司屋を普段使いし、気に入ったらとことんその寿司屋にお金を落としていくのです。

■もうひとつの正体、ミレニアル世代

バブル世代の方々が常連客の中心となっているのは間違いないのですが、実はそれ以外にも一流寿司屋に通う世代がいます。最近寿司屋でよく見かけるのは、「23~33歳くらいの若い方々」です。世代でくくると、「ミレニアル世代」と言えるでしょう。

一流寿司屋に足を運ぶミレニアル世代は、3つのパターンに分けられます。1つ目は、「稼ぎがあるビジネスパーソン」。コンサルティング、MR、金融、ITなど、いわゆる高給取りと言われるような職業の方々です。2つ目は、「育ちが良い若者」。企業に勤めてはいるものの、ご両親が経営者、医者などといったお金持ちの家系で育ってきた方々です。3つ目は、「パパ活女子」。容姿端麗な美女がバブル世代のおじさまに同伴し、ご馳走(ちそう)してもらっているようなシーンもよく見かけます。

あわせて読みたい

「寿司」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  6. 6

    コロナ禍のバイト店員私語に苦言

    かさこ

  7. 7

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

  9. 9

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。