記事
  • ロイター

ヘッジファンドの今年平均リターン7.3%、ロング・ショート型が健闘


[29日 ロイター] - ヘッジファンド・リサーチ(HFR)によると、1─11月の業界平均リターンは7.3%で、S&P総合500種の上昇率(14%)を下回った。ただ新型コロナウイルスの感染拡大に伴う今年3月の市場の混乱でも資産を維持したこともあり、全体として評価できるとの声が多い。

キャピタル・ジェネレーション・パートナーズのロバート・シアーズ最高投資責任者は、2008年の金融危機と比べれば、3月の局面をヘッジファンドは総じてうまく乗り切り、プラスのリターンを確保したと指摘した。

カテゴリー別で最も成績が良好だったのは、株式の値上がりと値下がりに賭ける「ロング・ショート型」のファンドだ。HFRのデータでは1-11月の平均リターンが12%で、やはりS&P総合500種に及ばなかったとはいえ、個々に見るともっと高いリターンを実現したファンドもある。

ユニジェスチョンのディレクター、セドリック・フォンタニール氏は「ロング・ショート型はハイテク株投資の好調がプラスに働いた」と述べた。実際今年は在宅勤務や巣ごもりに関連するズーム・ビデオ・コミュニケーションズ、アマゾン・ドット・コムといった銘柄を運用資産に組み入れるファンドが多かった。

リターンの高さで目立ったロング・ショート型としては、10月末までで41.2%に達したリバーパーク・アドバイザーズの3億9100万ドルのファンドや、11月末までで21.2%だったウェリントン・マネジメントの13億7000万ドルのファンドなどが挙げられる。HSBCが集めたこれらのデータをロイターが確認して分かった。

また関係者からの情報では、オデイ・アセット・マネジメントのジェームズ・ハンベリー氏が運用するロング・ショート型も11月末までに37.3%のリターンを残した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  6. 6

    コロナ禍のバイト店員私語に苦言

    かさこ

  7. 7

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

  9. 9

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。