記事
  • ロイター

ドルが下げ幅縮小、現金給付増額の動き注視=NY市場


[ニューヨーク 29日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対ユーロで2年超ぶりの安値を付けた後に下げを縮小したが、マイナス圏で推移した。市場では米財政刺激策の可能性を注視している。

共和党上院トップのマコネル院内総務は29日、トランプ大統領が要求する2000ドルの個人向け現金給付に関する法案について、少なくとも審議には応じる姿勢を示した。

OANDAのシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「バイデン新政権が発足すれば、新たな刺激策の動きが出るとみられる。それがドルが下げ幅を縮めた理由だろうが、非常に限定的だった」と述べた。

ドル指数は0.28%安の89.99。ドルは17日に付けた2年半ぶり安値の89.72をわずかに上回って推移している。

クリスマスから年末年始にかけて取引は低調になっている。

ユーロは一時、2018年4月以来の高値となる1.2274ドルまで上昇し、その後は0.28%高の1.2251ドル。

オーストラリアドル0.39%高の0.7610米ドル。17日には18年6月以来の高値となる0.7639米ドルを付けた。

ドルは対カナダドルで0.29%安の1.2810カナダドル。17日には18年4月以来の安値となる1.2684カナダドルを付けた。

米商品先物取引委員会(CFTC)が28日発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(12月21日までの週)に基づくロイターの算出によると、ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する売り越し額は9月下旬以来の高水準となった。

現金給付の増額は、議会上院の多数派を決める来月のジョージア州の決選投票にも影響するとみられる。モヤ氏は「共和党がどちらか1議席を獲得するというのがコンセンサス」とし、民主党の2議席獲得は市場に織り込まれていないと話した。

英ポンドは3日ぶりに反発し、0.33%高の1.3500ドル。今月は1.3625ドルと、18年5月以来の高値を付けたが、英国と欧州連合(EU)の通商協定合意後は利益確定売りが見られる。

暗号資産(仮想通貨)ビットコインは0.61%安の2万6871ドル。27日には2万8378ドルの最高値を更新し、年初来では275%上昇している。

仮想通貨第3位のXRPは13%急落。主要取引所のコインベースが28日、XRPの取引を来年1月に停止すると発表したことを受けた。

ドル/円 NY終値 103.56/103.59

始値 103.63

高値 103.75

安値 103.47

ユーロ/ドル NY終値 1.2247/1.2251

始値 1.2247

高値 1.2274

安値 1.2237

(表はリフィニティブデータに基づいています)

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  7. 7

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  8. 8

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  9. 9

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  10. 10

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。