記事
  • 女性自身

志村けんさんへ――盟友・ラサール石井が贈る追悼文

女性自身

偉大なスターたちの訃報に、日本中に衝撃が走った2020年。思い出されるのは、決して色あせない数々の功績と、人々に元気を与えてくれた笑顔。そんな故人と親交が深かった方々から届いた、愛あふれるメッセージを紹介。題して、「盟友がスターへ贈る、最後のラブレター」ーー在りし日の姿に、心からの哀悼の意を表して。

■志村けんさん(享年70・コメディアン・3月29日没)へ。ラサール石井(65・タレント)

『志村魂』では、志村さんは毎年お母さんを招待して、三味線のコーナーのフリートークで、「今日は母が来てます。お母さん。産んでくれてありがとう」と、はにかみながら欠かさず挨拶していました。

結婚したいと本気で考えていたのも、お母さんに孫の顔を早く見せてあげたいという思いからでした。

そんな優しい方でしたが、それをストレートには出しませんでした。照れ屋で人見知りで、本当に腹を割った仲でないと、思った事の半分も言えない。それもお酒の力を借りないとなかなか本音が出てこない。ものすごくシャイで繊細な方でした。

そのかわり好きになった人は徹底的に愛しました。その人の芝居を嬉しそうに眺め、あうんの呼吸でつっこんだり。わざとくさしたり、ゲラゲラ笑ったり。とにかく人間が、それも少し欠点のあるような人間が、大好きでした。

笑いのために人生の大半を賭けていました。そのため孤独を酒で癒していました。孤高の求道者でした。今は天国で思い切りお母さんに甘えていることでしょう。もっともっと笑わせて欲しかったけど、ゆっくり酒を飲んで休んでください。

「女性自身」2021年1月5日・12日合併号 掲載

あわせて読みたい

「ラサール石井」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  2. 2

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  3. 3

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  5. 5

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  8. 8

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  9. 9

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

  10. 10

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。