記事
  • ロイター

独輸出、英米需要減で今年12%減 中国は堅調=業界団体


[ベルリン 29日 ロイター] - ドイツの卸売・貿易業連合会(BGA)は29日、2020年のドイツの輸出が少なくとも12%減少したとの見方を示した。新型コロナウイルス感染拡大を受け英米の需要減が響いた。ただアジアの需要は堅調だった。

BGAのアントン・ベルナー会長は「新型ウイルス感染拡大を受け、通商は5年前の状況に押し戻された。同時に、デジタル化については5年進んだ」と述べた。

ドイツの輸出は米国向けが16%減、英国向けが18.5%減。ベルナー氏は「中国を含むアジア地域のみが唯一好調だった。パンデミック(世界的な大流行)を受け、この地域の重要性が増している」と述べた。中国は今年、フランスと米国を抜いてドイツ最大の輸出先になる見通し。

ベルナー氏は21年について、ドイツの輸出は最大13%増加すると予想。ただ新型ウイルス感染拡大で見通しは流動的とし、22年以前に感染拡大前の水準に回復する公算は小さいとの見方を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。