記事
  • SmartFLASH

さんま、中田敦彦&宮迫博之からYouTube出演交渉受ける「電通みたいな熱意で」

 明石家さんまが、12月26日放送の『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で、雨上がり決死隊・宮迫博之、オリエンタルラジオ・中田敦彦がYouTube出演交渉にやって来たことを語った。

 さんまは2人と会ったことを明かし、「YouTubeの出演交渉。俺はもう『出ない』って言ってるし、『YouTubeは敵や』と言うてるんですけど、『そんな時代やおまへんで』ってことで」とプレゼンテーションを受けた。

 さんまによると、中田はパソコンで「なぜさんまさんにこの番組に出てほしいか」という資料を持参してプレゼンしてきた。

 さんまはその姿に「お前、電通の社員みたいなことをす(る)な。すごい押しが強くて。『お前、電通やないな、博報堂やな』って」と広告代理店さながらの熱意を感じたという。

 2人のYouTube番組を見たさんまは「チラッとやってるのを見せてもらったら、すごいねん」と絶賛。セットも豪華で「スタッフのお金も払わなあかんし、スタジオ借りなあかんし。とんでもない苦労をしながら、新しい分野を開拓しようと一生懸命になって」と讃えた。

 ダメ元で来た2人にさんまは「絶対に引き受けないのはわかっていながら来て。こっちにとっては嬉しい」と喜びを見せ、「あいつらはもう違うところで頑張ろうとしてる。2人とも顔も活き活き」と明かした。

 ダメ元でさんまにプレゼンした宮迫、中田の熱意にSNSでは大きな反響が寄せられた。

《断られたのは残念だけど、行動力がスゴイわ!しかもPCでのプレゼン付き!それだけ見せて欲しいw》

《ダメ元で中田さん宮迫さんはさんまさんに出演オファー。プレゼンも披露。さんまさんはある程度心が動いたようだ。その後一緒にご飯食べて楽しかったらしい。二人ともイキイキしてたと。そうだよなあ。心意気だよ》

《やっぱり説得失敗だったかTT 本人たちもダメ元って言ってたもんなw》

「宮迫さんと中田さんはYouTubeで『WinWinWiiin(ウィンウィンウィーン)』という番組を立ち上げ、第1回のゲストに手越祐也を呼んだことで話題に。動画は前編・後編いずれも250万回以上再生されています。

 さらに2人は12月16日に『【本気】明石家さんまさん。僕たちの話を聞いてください』と題した動画を投稿。さんまさんの出演にラブコールを送っていました」(芸能ライター)

 宮迫、中田の熱意はさんまに届くのか……。

あわせて読みたい

「明石家さんま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。