記事

2013年は米国株式市場が低迷する?

あつまろです。

アメリカ大統領選はオバマ大統領の続投が決まった後、財政の崖に焦点が移ってきました。じつは春頃からささやかれていましたが、時期が迫ってようやく皆の関心が移ったという印象です。

あくまで私個人の予想ですが、2013年の米国株式市場は低迷の時期を迎えるのではないかと思います。というのも2012年の米国市場は堅調でした。9月頃にはNYダウがリーマン・ショック後の最高値を付けたほどです。実際の企業の業績も良い結果だったので期待先行だけでなく、実体を伴った成長だったわけです。


しかし、欧州も好転せず、中国もパッとしない、頼みの米国自体も「財政の崖」などの不安を抱えるとなれば米国企業の成長性が落ちてくる可能性がありそうです。景気の先行きが悪いとみるや投資家も売りの勢いが強くなりそうです。しかも、株価のバリュエーションをみると私が注目している企業群は2011年がPERが15倍近辺だったのが、現在では20倍近い水準にまで伸びており、利益成長を上回る株価の伸びだったというわけです。というわけで堅調だった2012年に対して、2013年は振り子が逆に振れて軟調になるのでは、と思っています。


じつはこの見立ては私にとってベストシナリオです。「キラ星のように輝く13銘柄」と私が銘打つ企業には、米国企業が6銘柄も含まれている一方で2011年、2012年と投資する機会がありませんでした。しかし、一方でこの2年間は為替水準も円高傾向にあったので、米国株を買おうとせっせと米ドルに資産を振り替えをしてきて、ターゲットであるコカコーラ、ジョンソン&ジョンソン、ハインツ、P&G、ゼネラルミルズ、キンバリークラークの株価さえ下がってくれれば「いつでもオーライ」という状況になってきました。


ま、私は経済学者でもないので株式市場の先行き見通しが違っていることも大いにありえます。予想に反して米国市場が続伸するとなれば、暴落の日を待ってせっせと弾込めをし続けるだけです。

あわせて読みたい

「市場」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  8. 8

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。