記事

テレワークが見直される【2021年を占う!】働き方

出典:ぱくたそ

安倍宏行(Japan In-depth編集長・ジャーナリスト)

【まとめ】

・2020年は新型コロナのせいでテレワークが普及。

・社内のコミュニケーションが減少、創造的な仕事には支障が。

・2021年は働き方と人との付き合い方が見直される。

2020年は新型コロナのせいでテレワークが普及した。最初は戸惑いもありつつも、意外とやってみたらいいじゃないか、という反応を去年は良く耳にした。2021年はどうだろうか?

働き方

通勤時間が節約できるし、電話や無駄な会話が減り、仕事に集中できて効率が上がる。そう、思った人も多かったろう。なにより、嫌な上司の顔を見なくて済むのは大きい。(笑)

しかし、それも半年以上続くと、だんだんと不便な点も分かってきた。まず、色々なオンライン会議システムがあり、相手の会社のシステムの関係で自分が慣れていないものを使わざるを得なかったりすると、勝手が分からずやりにくいことがある、とか、回線の関係で声が割れたり、映像が落ちたりする、とか。まあ、そうした問題はテクニカルなものであり、ある程度慣れでなんとか解消するのでそう深刻ではない。

問題は、会社の中のコミュニケーションが滞ることだ。皆が職場にいるときは、ちょっと声をかければ確認できるようなことも、いちいちメールしたり、slackに書き込まなくてはならなくなった。これは結構なロスだ。

それに、会話ならスムーズにいくものも、文字でのやりとりだとなんとなく気持ちが伝わらないことが往々にしてある。文面が妙にビジネスライクだと、相手が気分を害しているのではないか?などと邪推してしまう経験、誰しも1度ならずあろう。

かつて職場では、普段のなにげない会話で色々なアイデアが出たものだ。それがコロナでなくなった。ソフトバンク株式会社代表取締役社長兼CEOの宮内謙氏が、創造的なアイデアはやはり職場で色々な部署の人間が交流して生まれるものだ、と言っていたが、まさにその通りだ。

▲写真 イメージ 出典:Pixabay

隣に同僚がいれば、「こんなアイデアあるんだけどどう思う?」と気軽に聞けるのに、今はそれが出来ない。テレワークは実は企業の中長期的生産性向上には向かないのではないか?と思えてきた。

もちろん1人で集中した方が良い仕事はあるだろう。しかし、何か新しい物を生み出そうという時には、人と人とのインタラクションが不可欠だと実感しているのは筆者だけではあるまい。

2021年はテレワークオンリーの会社は減り、出社とのハイブリッドな働き方が見直されるだろう。

■社外のネットワーク

コロナ禍で、社外の人との人間関係は明らかに疎遠になった。ちょっとランチでもして意見交換、というのが気軽に出来なくなった。ディナーや飲み会は言うに及ばずだ。なんとなく家から出るのがおっくうになり、人と会わない日々が続いている・・・そんな人も多いのではないか?

▲写真 イメージ 出典:Pxhere

社外の友人と会わなくなるということは、自分のネットワークが狭くなることに他ならない。それはビジネスの上で決して良いことではない。仕事は、結局は人と人のつながりで成り立っているのだ。

コロナ禍で仕事が減ったり、事業の継続性が脅かされたりしたとき、親身になって相談に乗ってくれる友人がいたら・・・。そう思ったことはないだろうか?結局、“A friend in need is a friend indeed.(まさかの友は真の友)”の言葉通り、困ったときに手を差し伸べてくれる人が周りにいるかどうかが、究極のリスクヘッジとなり得る。コロナで人付き合いが減るのをよし、としていて本当にいいのだろうか?

2021年は、この「社外の人とのつながり」が見直される年になるだろう。

2020年は目に見えぬ未知のウイルスとの戦いで明け暮れた。2021年は、仕事の仕方、そして人との付き合い方をどう元に戻していくか考えるべきだろう。

ニューノーマル、などという言葉が一人歩きしているが、仕事の本質はなんら変わらない。結局は、人間がやることなのだ。テクノロジーはそれをアシストするものに過ぎない。

ウイルスと共存しつつ、どう人間関係を保っていくか、もしくは開拓していくか。この根源的な問いが、改めて私たちに問われている。

あわせて読みたい

「在宅勤務制度」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  3. 3

    「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

    PRESIDENT Online

    01月20日 09:00

  4. 4

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  5. 5

    西村知美 心の叫び綴った娘の日記をテレビで暴露も「ゾッとする」「可哀想」と物議

    女性自身

    01月20日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。