記事

羽田さんを失った立憲民主党は立ち直れるか

マイルドな立憲民主党を作り上げるためにはなくてはならない存在だったようだ。

実に温厚な方だったようである。
バラバラ感が強い野党を一つの大きな力に纏め上げる時の要役を務めるに相応しい方だったようである。

俺が俺が、というところがなく、敵を作ることがない実に癖がない政治家だったようである。

一部で噂されていたように、やはりコロナに感染されていたようである。

国会議員が一般の国民を差し置いて優先的にコロナ受診を受けているのではないか、という心無い批判を受けることを恐れて、医療機関の受診を躊躇されるようなことはなかっただろうか。

実に惜しい方を失った。

さて、羽田さんを失った立憲民主党は立ち直れるだろうか。
今の立憲民主党には、国民民主党とのパイプ役を担えそうな人がどうも見当たらないのだが・・。

あわせて読みたい

「羽田雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。