記事

イギリスの感染者、初の1日4万人超え イングランドでは「前例ない」レベルに

ロンドンでは26日の救急搬送要請が、これまでのピークだった春と同レベルに上った Getty Images

イギリスでは28日、新型コロナウイルスの感染者が4万1385人報告され、1日あたりの最多記録を更新した。4万人を超えたのは初めて。死者は357人だった。

イングランドの感染レベルが「非常に高い」状態にあり、「懸念が強まっている」と保健当局者が警告している。国民保健サービス(NHS)は患者の増加への対応に苦慮している。

NHSイングランドによると、管轄内の病院で治療を受けている人は現在2万426人いる。これまでのピークだった4月時点の約1万9000人を上回っている。

ウェールズとスコットランドの保健当局も、医療機関で対応しきれなくなる危険性があるとしている。

<関連記事>

感染率は4月の最初のピークよりずっと高いとみられている。ただ、検査能力が追いつかないため、感染の実態をつかめていない。

クリスマス期間は業務を停止している機関もあり、データがそろっていない面もある。

イングランド公衆衛生庁(PHE)のイヴォーン・ドイル医療主任は、「この非常に高い感染レベルは、病院がひっ迫状態にあり、多くの地域で入院患者が増えている現在の状況において、とても心配だ」と述べた。

一方で、「感染レベルはこれまでにないほど高いが、この先に希望も見える」とコメント。米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンの接種が進められる中、国民は「ウイルス拡大を止めるためにできることをし続ける」べきだと話した。

「看護師にとって危険」

イングランドでは、エセックス、ロンドン、その他の南東部地域で感染率が過去最高レベルとなっている。

イングランド南東部にある医療機関ロイヤル・コレッジ・オブ・ナーシングの地域ディレクターを務めるパトリシア・マーキス氏は、地域内の病院で病床と医療スタッフが「限界に近づいている」と説明。

看護師らは通常より「ずっと多くの患者」を担当しなければならず、「看護師にとって危険だと思えることもある」と話した。

患者の救急搬送に当たるサウス・セントラル救急サービスは、軍と消防当局に対し、まもなく支援が必要になるかもしれないと伝えたとしている。クリスマス期間の出動要請は111件で例年の3倍に増えた一方、スタッフは新型ウイルスの影響で6~7割少ない状態だったという。

BBCが確認したデータによると、ロンドンのある病院では27日朝の時点で、救急車スタッフが病院スタッフに患者を引き渡すまでに通常6時間近く待たされる状況となっていた。

「この先数カ月は困難」

マイケル・ゴーヴ内閣府担当閣外相は、政府が警戒レベルを示す「ティア」制度は「正しい戦略」だと主張。同時に、NHSに大きな負担がかかっており、「この先数カ月は困難」があるだろうと認めた。

イングランドの南東部と東部では、計2400万人ほどの住民が厳しい「ティア4」の規制下で暮らしている。警戒レベルは30日に見直しが予定されており、さらに広い地域で厳しい規制が実施される可能性がある。

スコットランドは26日から3週間、最も厳しいレベル4の規制が続いている。ウェールズでも地域によって同様の制限が実施されている。

北アイルランドも新たに6週間のロックダウン(都市封鎖)を開始した。

新型コロナウイルス特集

感染対策

(英語記事 Concern at 'unprecedented' English infection level

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  5. 5

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  6. 6

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  7. 7

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  8. 8

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  9. 9

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  10. 10

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。