記事

私が年賀状を続ける理由


やや遅いのだが・・・。年賀状の準備がほぼ終わった。いや、今年は引っ越しをし。住所変更の案内を含め、夏に暑中見舞いを送ったので住所の変更はほぼすんでおり。らくらくだった。書き損じ分だけ対応して、終了。ふぅ。

年賀状は「虚礼」「茶番」「オワコン」と呼ばれる。ここ数年「年賀状を今年でやめます」とご挨拶頂くことも増えてきた。SNSがあるからいいだろ、という声もある。

それでも、私はプライベートのつながりの人にしぼり、続けている。同世代でもSNSをやっていない人(やっていても、アカウントをもっているだけで放置している人)もいるわけで。LINEや携帯の番号、メアドも知らない人もいるわけで(住所だけが頼り)。

SNSにおいても、Twitter、Facebook、Instagram、LINE、mixiとそれぞれで見せる顔は違うわけで。年賀状における、私と友人たちは、何かこう、よくも悪くも昭和、平成的で、ほっこりする気がする。

というわけで、今年も170枚用意するの巻。まあ、ネタバレだが、娘の写真で。残念ながらこのブログのように、私の自撮り写真はないのだけど。

何でもオワコンと決めつけず。それぞれの意義を考えることが大事。

さ、年末年始は原稿。

あわせて読みたい

「年賀状」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。