記事

【読書感想】書きたい人のためのミステリ入門

1/2

書きたい人のためのミステリ入門 (新潮新書)
作者:新井 久幸
発売日: 2020/12/17
メディア: 新書






Kindle版もあります。

書きたい人のためのミステリ入門 (新潮新書)
作者:新井 久幸
発売日: 2020/12/17
メディア: Kindle版

内容(「BOOK」データベースより)
読むと書くとは表裏一体。書き手の視点を知れば、ミステリは飛躍的に面白くなる。長年、新人賞の下読みを担当し、伊坂幸太郎氏、道尾秀介氏、米澤穂信氏らと伴走してきた編集長が、ミステリの“お約束”を徹底的に解説。フェアな書き方、アンフェアな書き方とは?望ましい伏線の張り方は?複雑な話だから長編向き?「人間が書けている」とは?なぜ新人賞のハウツーを信じてはいけない?読むほどにミステリの基礎体力が身につく入門書。

 タイトルは「書きたい人のための」ミステリ入門ですが、「書き方指南」というよりは、「今、ミステリを書こうという人たちには、このくらいは知っておいてほしい、ミステリの常識と現在地」を解説した本、という印象を受けました。正直、これを読むと、「書こう!」というよりは、「これは読んでなかったなあ、これは読んで(観て)おきたいなあ」という気持ちになったのです。

 ミステリはそれなりに好きだけれど、古典的な名作か「今年のベスト」か、以外の情報が乏しくて、その隙間を埋めたい、という人のためのブックガイドとして楽しく読めました。
 現代のミステリというのは、科学捜査の進歩や監視カメラの常設、ほとんどの人が携帯電話を持っている、などということを考えると、「物理的な密室などの謎がつくりにくい時代」ではありますよね。

 ミステリファンが「フェアだ!」「いや、アンフェアだ!」、と喧喧囂囂(けんけんごうごう)している様を眼にしたことはないだろうか、ミステリもスポーツと同じで、正々堂々勝負すること、フェアプレイが重んじられる。

そうした、「フェア・アンフェア論争」で最も物議をかもしたのは、アガサ・クリスティーの『アクロイド殺し』だろう。読んでみれば、何が問題になったのかはすぐに分かると思うが、できれば多少ミステリを読んでから、この作品にあたるといい。その方が、議論の焦点がよく見えるはずだ。


アクロイド殺し (クリスティー文庫)
作者:アガサ・クリスティー,羽田 詩津子
発売日: 2012/08/01
メディア: Kindle版






 僕も誰かに「これは読んでおいたほうがいい」と言われて、『アクロイド殺し』を読んだ記憶があります。
 アガサ・クリスティという人は、あの時代に、現代に通じるミステリのほとんどすべての類型をつくってしまったような気もするんですよね。ショートショートは、星新一さんがひとりでつくって、ひとりで終わらせてしまった、なんていわれるのですが、ミステリは幸いなことに、「クリスティ後」も繁栄しています。

 こういう「古典中の古典」といえる作品から、小説だけでなく、こんな作品への言及もなされているのです。

「読者への挑戦」は、ミステリにおける様式美の一つでもあるし、そこで立ち止まって犯人を推理してみて欲しい、という作者からのリクエストでもあるだろうが、実際に手を止めて推理する人は、案外少ないのではないだろうか。

 理由の一つは、メモでも取っていない限り、そこまで細かい記憶が維持できていないこと。そしてもう一つは、先を読みたい欲望が勝ってしまうことだ。

 もちろん、実際の事件ではないから、そこで推理しなかったとしても、間違った犯人を指摘したとしても、何ら問題はない。

 ところが、「ちゃんと推理しないと、犠牲者が増える。それどころか、自分も犠牲者になってしまう」というミステリが存在する。

「かまいたちの夜」(我孫子武丸/スパイク・チュンソフト)というゲームだ。サウンドノベルと呼ばれるこn作品では、映画やBGMに彩られた画面上の文字を読みながら、物語を追いかけていく。プレイヤーは主役として登場人物の一人となり、その視点で物語は進む。だから、プレイヤーとゲームの主人公が見聞きしたことはイコールになっている。

 途中途中に選択肢が現れ、そこでの適切な判断、推理を行っていかないと、惨劇を止めることはできず、自分もその一人となってしまう。適当にプレイしているだけだと、永遠に事件は解決しないし、それどころか、生還も覚束ない。

 ゲームブックという形式もあるにはあるが、複雑に絡み合う選択肢と分岐はさすがに処理しきれないだろうし、その気になれば先に結末を読んでしまうこともできるから、あまり向いているとは言えない。

「自分がしっかりしないと事件が解決しない」というプレッシャーを、これだけ直に感じさせる作品は、この「かまいたちの夜」をおいて他にないだろう。

かまいたちの夜
発売日: 1994/11/25
メディア: Video Game








 サウンドノベルって、もっと流行って、いろんな作品が出ると思っていたんですけどね……やっぱり、いろんな分岐をつくる手間の割に売れない、ということなのかな……

 『かまいたちの夜』はシリーズ化もされています。
 紙の本なら残りのページの厚み、Kindleでもページ数表記で、「あとどのくらいでこの話が終わるのか」がわかるじゃないですか。映画だって、「だいたいの上映時間」は予習していなくても2時間くらいだとみんな思っているはずです。

 サウンドノベルには、「いつ終わるかわからない」という面白さもあったんですよね。
 ただ、逆に「推理がうまくいってしまうと、かえって何も起こらなくて面白くない」とも感じました。まあ、それは他のバッドエンドの分岐を後で確認していけば良いのですが。

 著者は、ものすごく作品の紹介が上手いんですよ。ミステリだけに、「ネタバレしない」という掟を守りつつ、読んで(観て)みたくなるのです。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。