記事

J.フロント、3-11月は156億円の赤字 パルコ事業は3Qも黒字確保

 大丸松坂屋百貨店やパルコを傘下に持つJ.フロントリテイリング(株)(TSR企業コード:297152963、東京都中央区、東証1部)は12月28日、2020年3-11月(連結、国際会計基準)の純利益が156億3,200万円の赤字だったと発表した。コロナ禍でインバウンド減少や外出自粛の影響が続き、通期では186億円の赤字の見通しだ。

 2020年3-11月(連結)の売上高(総額売上高)5,323億5,000万円(前年同期比36.7%減)、営業利益184億8,300万円の赤字(前年同期370億4,200万円の黒字)、純利益156億3,200万円の赤字(同209億9,700万円の黒字)だった。

 百貨店事業は、11月はラグジュアリーブランドや宝飾品など高額品が引き続き好調だったが、新型コロナの第三波で月後半にかけ勢いが減速。売上高は前年同期比20.6%減となった。

12月も客数減などコロナの影響が続くが、巣ごもり需要と在宅時間を充実させたいニーズで「おせち」の予約は前年を上回り好調という。3Q(9-11月)では、パルコ事業は心斎橋PARCO開業に伴う費用増も営業利益が黒字、不動産事業も賃料減少などの影響もあるが、黒字を確保した。

 2021年2月期の連結業績予想は9月29日の修正を据え置き、売上高(総額売上高)は8,104億円(前年1兆1,336億5,400万円)、営業利益は206億円の赤字(同402億8,600万円の黒字)、当期純利益は186億円の赤字(同212億5,100万円の黒字)としている。

 百貨店、パルコ事業については、オンライン展示会や外商顧客向けのライブコマース実施などデジタル施策を推進してきた。さらに、11月6日にBINO栄(ビーノサカエ)を、11月20日に心斎橋PARCOを開業するなどアーバンドミナント戦略も進め、大丸心斎橋店との相乗効果が期待されている。

大丸(TSR撮影)

あわせて読みたい

「パルコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    車移動に回帰? ペーパー講習混雑

    井元康一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。