記事

羽田雄一郎さん死去 53歳は若すぎる

参議院長野選挙区から5期当選している、参議院議員の羽田雄一郎さんが、昨日27日、亡くなりました。53歳という若さで、残念でなりません。

羽田雄一郎さんは、現在は、立憲民主党の参院幹事長、民主党政権の時には国土交通大臣を務め、一緒に閣僚としても仕事をしてきました。何日か前から風邪気味で発熱もあり、27日にPCR検査を受ける予定だった、ということです。医者の友人からは、あと1日早く病院に行っていれば、、、、というメッセージがありました。

昨日の午前中は、普通に仕事をしていて、体調が悪くなり病院に向かう途中で、容態が悪化した、とのこと。羽田家とは、私の実家の加藤と家族ぐるみのお付き合いがあります。

おじい様の武詞郎さんと、母方の祖父である青木一雄の頃からで、雄一郎さんのお父様、孜さんの東京の選対本部長を祖父が務めたこともある、と聞いています。

孜さんは、私の母校でもある成城学園の卒業生で、やはり卒業生の父母や叔母と仲良くしていました。雄一郎さんは、私を「お母さん」と呼び、私は「雄ちゃん」と呼んでいました。

半年ほど前に、新幹線で会って話したのが、最後になりました。孜さんゆずりの、親しみやすさ、優しさなどで、誰からも慕われていました。本人もまさか、ここで人生が終わるとは、思っていなかったと思います。

まだこれから活躍してもらいたかったのに、本当に無念です。
心から、ご冥福を祈ります。長野では、号外が出ました。

あわせて読みたい

「羽田雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。