記事

新型コロナウイルスに揺れた2020年…クラスター対策班はどうして3日で“3密”にたどり着けたのか――いま振り返る新型コロナウイルス感染第一波 #1 - 西浦 博・川端 裕人

 新型コロナウイルスに世界が揺れた2020年。その歴史的とも言える感染症「第一波」に対して最前線で立ち向かったのが、厚生労働省クラスター対策班だった。その中心的人物のひとりだった西浦博氏が当時を語った『理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!』(聞き手:川端裕人、中央公論新社刊)が、大きな反響を呼んでいる。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

 その中から、日本で生まれ、その後、世界にも広まっていった「3密」概念の誕生について、抜粋して引用する。

 ◆◆◆

 西浦がマニラから帰国し、初めてクラスター対策班に足を運んだのは、2月26日だ。前日にすでに顔合わせが終わっており、西浦は一日遅い参加となった。ダイヤモンド・プリンセス部屋と同じ6階の、逆サイドにある会議室がその拠点だった。この後、3ヵ月にわたって毎日詰めることになるクラスター対策班のベースである。

 クラスター対策班としての最初の大きなテーマは、「クラスターが発生する条件」を特定することだった。のちに「3密」と呼ばれるようになる感染の伝播のキモとなる部分は、対策班が走り始めた最初の3日、まさに“黄金の3日間”で解明され、共有されることになる。


西浦博氏 ©️AFLO

「おかしいな、おかしいな」

 クラスター対策班が動き始める少し前にさかのぼります。

 押谷先生は、こと感染症対策になると、自分で決めたゴールに向かって猪突猛進、必死にぐんぐん進んでいく、本当にまじめでストイックな専門家です。そんな押谷先生が、流行の初期から、「おかしいな、おかしいな」と言い続けてきたことがありました。

 押谷先生が講演した時のスライドを、僕も一緒に作ったんですけど、そこには「流行初期の最大の謎」と書かれています。たとえば、日本で診断された最初の9人、つまり、中国から帰ってきた人や、中国からの旅行者ですけど、それぞれ濃厚接触者が何人いたかというと、38、32、7、2、3、22、2、2、3と結構いるんですよ。でも、これだけ接触した相手がいるのに、ここから二次感染が、観察できた範囲内では出ていませんでした。でも、実際に流行は続いているわけですから、どこかで二次感染が起きる場所があるはずです。

どこで二次感染が起こっているのか

 それで、押谷先生は、二次感染が起きやすい場所で、「セミ・スーパー・スプレディング・イベント」といっていいようなものが起きているのではないかと考えていました。「スーパー・スプレディング・イベント」というのは、SARSでも見られたものですが、ある特定の環境で特定の人が、他の人と比べて著しく多い二次感染者を生み出すことをいいます。COVID―19でも、SARSほどではなくても、そんなことが起きているのではないか、というのが押谷先生の見立てでした。

 そこで、二次感染が起こりやすい特徴がどこかにありそうだから、その周囲をつぶしていくのを最優先してはどうかと提案していましたし、鈴木基先生に疫学的な実際のデータではどんな広がり方になっているのかとか、僕にはこういうものをモデル化することは可能かということを聞かれていて、それが2月17日の時点です。

 その問いに対し、僕も返事を出しています。「僕も全く同じことをここ数日考えていました。どうも1人が生み出す二次感染者数のばらつきが大きそうで、それはSARSほどでないにしても、extinction(絶滅)しやすいのではないか。制御する側にとって有利に働く特徴ではないか」と。

 絶滅しやすいというのは、消えやすいということで、朗報です。この時点では、中国での流行が収束局面で、武漢のような状態になる前に上海や広東省ではかなり封じ込めに成功していたことから、このような性質を仮定しないと説明できないと考えていました。

 だから「クラスター化したところだけ追いながら、中国からの(感染者の)輸出が止まるまで持ちこたえれば、日本での大規模流行を起こさないで済む可能性が高い」と思っていたのです。すぐに中国以外でも増え、新たにそこから入ってくるとは、当時は思っていませんから。

シンガポールや香港のデータから見えてきたこと

 僕がその時までに入手していた、シンガポールや香港のクラスターのデータも送っていますね。これは、研究者間で共有していた非公表データで、シンガポールや香港でも、一部の人だけが二次感染を起こして、そのほかの人たちはほとんど二次感染を起こさないというような図になっています。特定の人だけが二次感染を起こす構造があるということが、当時ある程度オープンになっていたデータや、研究者間で共有していたデータからも明らかでした。

 クラスターを防いでいけば大規模流行しないで済むぞということなんですが、これに闇雲に立ち向かうと、実地で追跡をする感染研の鈴木先生のところや保健所のキャパシティを超えてつぶれてしまうので、知恵を出し合ってなにか方策を考えましょうという話をしています。1人当たりが生み出す二次感染者の共通項をかき集めて検討するとか、あるいは一体誰がスーパースプレッダーになるか、それは、生物学的な要因なのか、単に接触が多いのか、あるいは環境なのか、2月17日の時点でも、かなり立ち入った話し合いをしていました。

◆◆◆

 以下、川端裕人氏による補足コラムから引用しよう。

◆◆◆

数値の裏にある感染拡大の「パターン」

 この議論は非常に大切なことなので、あらためて確認しておく。

 新型コロナウイルス感染症の流行をめぐる報道で、にわかに有名になった再生産数Rという概念がある。これは1人の感染者が、何人の二次感染者を生むか平均を取った数字で、特に「免疫がない集団に最初の1人の感染者が入ってきた場合」のものは基本再生産数(R0)として、その病原体の感染力をあらわす指標として使われる。

 R0が1よりも小さい感染症は、1人の感染者が平均して1人未満の二次感染者しか生まないのだから流行せずに消える。しかし、1を超えると、ねずみ算式に増えていって流行する可能性がある。そこで、感染制御の立場からは、さまざまな介入によって、実効再生産数(Rt)を下げて1よりも小さくするのが目標ということになる。

 ところで、Rが同じだったとしても、その伝播の際の挙動が同じとは限らない。たとえば、Rが2の時、感染者一人ひとりが、きちんきちんと2人ずつ二次感染をさせるなら、それに対する対策は、全体的に効果があるもの、たとえば、手洗いの励行やマスクをつけるなどの行動面での変容や、もっと極端な場合は、休校や出勤停止などでみんなが自宅から出ないような要請をする、といったことが中心になる。

 一方で、ほとんどの人は感染させないのに、一部の人がたくさん感染させるために平均としてのRを押し上げている場合(1人が生み出す二次感染者数の分散が大きい、という)は、たくさんの二次感染者を生む人、場所、行動などを特定してその部分を制御できれば、その特定の部分だけを抑えることでもRをぐっと下げられる可能性がある。そして、対策した後のRが1よりも小さくなれば流行を防ぐことができるだろう。

明らかにされた新型コロナウイルスの「急所」

 既知の感染症の場合、季節性のインフルエンザはどちらかというと前者に近く、SARSは後者に近かった。SARSは、ほとんどの感染者が二次感染させなかったけれど、ごく一部にスーパー・スプレディング・イベント(いわば「超拡散イベント」)を起こす感染者がおり、そのために広がった。そして、COVID-19もSARSに近いのではないかというのが、この時点での押谷や西浦の読みだったのである。

 これは世界でも同様だった。押谷らとメールで議論した翌18日、ジョンズ・ホプキンス大学のチームが発表した2月15日付の論文に気づいた西浦は、Facebookを通じて友人たち(医療関係者、公衆衛生関係者が多い)にこんなメッセージを発している。

〈衝撃的研究。パンデミックは起こらない可能性が高い蓋然性をモデルから突き付けてもらった。……この流行が開始して1ヵ月半、世界中の全ての名だたるモデラーが反応して、

 Dispersion(二次感染者数の分散の大きさのこと)が推定できるようになった瞬間にこれを出してもらえた。中国での Extinction(流行が終息すること)近くまで持ちこたえれば封じ込めができなくないかも知れない。やれるところまで持ちこたえるべきだと再認識させられるものだった。すげーぞ。ウチらもやるぞ。〉

 しかし、残念ながら実際にはパンデミックが起きた。「したたか」とよく評されるこの新興ウイルスは、決して与くみし易い相手ではなかった。それでも、セミ・スーパー・スプレディング・イベントを中心にして広がる流行の様式は、間違いなく急所であり、その後、日本の感染制御は、この性質を積極的に利用した方法を試みることになる。

「もわっとしてる」「閉め切ってる」世界に広がった“3密”概念が日本で発見された瞬間 へ続く

(西浦 博,川端 裕人)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  6. 6

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  7. 7

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  8. 8

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  9. 9

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  10. 10

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。