記事

本当に「夫婦別姓」に反対? 自民党女性議員と議論して抱いた“モヤモヤした感情” - 佐々木 俊尚

 選択的夫婦別姓問題について、アベマTVの番組「ABEMA Prime」で二度にわたって自民党女性議員と意見交換した。最初は11月24日の片山さつきさん、二度めは12月15日の高市早苗さん。お二人と議論し終えて浮かんできたのは、「実は皆さん、本当は夫婦別姓に賛成なんじゃないの?」というなんともモヤモヤした感情である。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)


©️iStock.com

そもそもなぜ夫婦同姓じゃなければならないのか?

 片山さんも高市さんも選択的夫婦別姓には反対で、仕事や生活の不便については旧姓の通称使用でじゅうぶんに対応できるという主張である。

 くわしい議論の内容は「ABEMA TIMES」の記事にまとめられている。片山さんは戸籍というシステムをタテにして、「戸籍制度に影響がある」と主張した。そしてさかんに法律の話を繰り返した。

※「選択的夫婦別姓」導入の先に、同姓を選択した夫婦が“古い価値観”と批判されてしまう未来も?(「ABEMA TIMES」11/25付)

 高市さんは最初から「旧姓を通称として使用すればなんの問題もない」と、マイナンバーカードでもパスポートでも運転免許証でも、併記が可能になっているということを強く話し続けた。私が「そもそもなぜ夫婦同姓じゃなければならないと考えているのですか?」と問うと、片山さんと同じように結局は法体系の話へと持っていった。

※18年前に消えた「通称使用法案」を再提出…“慎重派”高市早苗氏に聞く「選択的夫婦別姓」(「ABEMA TIMES」12/16付)

「現在の法体系では、戸籍上の家族は婚姻をした夫婦と未婚の子どもであり、その子どもが結婚した場合、また新たな戸籍を作って新たにスタートされる、その戸籍上で統一した名前が氏だ。これらの法体系の整理も非常に大事になってくると思う」

 私は「家族の絆が大事」というような発言を期待していたのだが、「絆」という言葉は高市さんの口からはほとんど発せられなかった。高市さんもメンバーになっている自民党の「『絆』を紡ぐ会」が番組の直前、「家族の絆に深くかかわる」と夫婦別姓反対を提言していたことを考えれば、これはずいぶんと不思議なことではないか。

高市氏は旧姓の通称使用に積極的だったはずだが……

 高市さんは過去に山本拓衆院議員と結婚していた時期があり、それでも通称として「高市」という旧姓を使い続けてきた。旧姓の通称使用に積極的で、これを法制化することも提案している。夫婦別姓反対派ではあるが、同時に「旧姓の通称賛成派」でもあるわけだ。

 ところが番組の議論では、2017年の内閣府世論調査をもちだしてきて「父母の氏が違う場合、子どもに対して良くない影響があるとお答えになった方が62.8%に上っている」という話をした。これも不思議ではないか。なぜなら、もし「子どもに良くない影響」があるのだとしたら、旧姓の通称使用でも同じことが言えるはずだからである。

 私はそう思って高市さんに「だったら高市さんは旧姓の通称使用に反対しないとおかしい。戸籍という書類だけの姓の違いよりも、日常で両親が違う姓を使っていることのほうが子どもには影響が大きいはずでは?」「さらに、その論理だと離婚もしちゃいけないってことになりませんか?」といった趣旨の質問を投げてみたが、残念ながら高市さんから明白な回答は得られなかった。

 そもそも法や制度をタテにするのは行政的な考え方である。戸籍制度や戸籍法に影響があるのなら、選択的夫婦別姓を否定するのではなく、戸籍制度の側を変えていくことを考えるのも立法府の議員の仕事ではないだろうか。とはいえ、そんなことは国会議員歴の長い高市さんも片山さんもとっくにご承知のはずだ。それでも制度に議論を寄せてきたのは、そこぐらいしかロジックの拠りどころがなかったからではないか。

それでも別姓に反対するのはなぜか?

 いっぽうで「夫婦別姓が家族の絆を壊す」という従来の論は、あくまでも感情の問題である。きっちりと整ったロジックはそこには存在しない、と私は考えている。少なくともこれまでの長い議論で、説得力のある論考を読んだり聞いたりしたことがない。

 だから私は「高市さんは、実は夫婦同姓には賛成してないんじゃないだろうか?」と感じたのである。ではなぜ別姓に反対しているのかと言えば、これは高市さんはそんなことは絶対に認めはしないだろうが、膨大に存在する高齢者中心の別姓反対有権者層の存在だ。

70代の「別姓賛成派」はわずか28.1%

 高市さんが引いた2017年の内閣府世論調査を見ると、選択的夫婦別姓に反対する人は全体で29.3%。高市さんと同じ「別姓反対・通称使用派」は24.4%。別姓賛成派は42.5%。まだ賛成派のほうが少ない。ところが年齢別に見ると、18〜20代の別姓賛成派は50.2%、30代では52.5%と過半数になり、40代でも49.9%と拮抗している。これに対して70代では、反対派が驚くなかれ52.3%もいて、別姓反対・通称使用派は13.3%。合わせると反対派は65.6%にのぼり、別姓賛成派はわずか28.1%しかいない。(「内閣府・家族の法制に関する世論調査」より)。

 シルバー民主主義という嫌な言葉もあるが、高齢化する日本社会で支持を固めようと思うと、数が多くて投票率も高い高齢者が喜ぶようなことをするしかない。だから自民党はいまだこういう現代にはもはや適合しない大時代的な政策をとり続けている。リベラルな考えを持つ議員が増えているのにもかかわらず、自民党が核の部分でこういうところを譲ろうとしないのはそこにある。

現役世代の「別姓賛成派」は71%

 とはいえ、世代は交代していく。番組にも出演していただいた井田菜穂さんの「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」が早稲田大学と共同でおこなったネット調査では、別姓賛成派は71%にものぼっている。これは調査の対象としたのが20代から50代の現役世代だったからである。

※結婚前の姓を名乗れる選択的夫婦別姓 7割が「賛成」(「NHK NEWS WEB」11/18付) 

 世論は、世代交代とともにじわじわと変わっていくということだ。自民党政権の夫婦別姓へのとりくみは先送りにされてしまったが、この先もずっとそうであるということはありえない。世論が変われば自民党も変わる。いや、高市さんは実のところそれを待っているようにも私は感じた。彼女は何しろ、「例えば最高裁がそうした点を定めた戸籍法や民法について違憲の判断を示せば、有無を言わさず変えなくてはいけない」と番組で断言しているのである。

 つまり、高齢者票を考慮すれば、いまの段階で自民党が積極的に選択的夫婦別姓を制度化することはむずかしい。しかし裁判所が判断してくれるのなら、それにすかさず付き合いたいというのが実のところの本音なのではないだろうか。

「別姓反対派」と「同姓反対派」の感情の衝突

「選択的夫婦別姓反対」というのは、感情の問題でしかない。反対する人には明確なロジックがあるからではなく、別姓がなんとなく家族制度を壊してしまう、家族の絆を毀損すると感じているからだろう。

 そういう感情を、ロジックで打破することはできない。しかしロジックで打破できないからと、そこに感情を持ち込んで別姓反対派をバカにしたり、罵ったりすると、逆にマイナスの影響のほうが大きくなってしまう。実際、今冬に公開された映画「STAND BY ME ドラえもん 2」の広告で、のび太と結婚したしずかちゃんが「野比しずか」と書かれていたことに対して、「キモい」「グロ」「女性はケア要員じゃない」とツイッターなどで非難の言葉が浴びせられた。

 選択的夫婦別姓は、別姓を選ぶのか同姓を選ぶのかは当人たちの自由な選択である。それなのに同姓を選ぶと、このように非難される可能性がここに来て浮上してきてしまっている。これは別姓反対派と同姓反対派の感情の衝突でしかなく、不毛きわまりない。

 振り返れば1990年代ぐらいにも、働く女性vs専業主婦の論争があったのを思い出す。それぞれの選択は個々人の自由であって、なにも互いに相争う必要はまったくないと思うのだが、どうしても自分が信じる単一の価値観に社会を染め抜かないとすまないという人たちが一定数存在し、その人たちによって私たちは「感情の闘争」に巻き込まれがちになる。

 そういう闘争からは距離を置いて、冷静にそれぞれの選択の自由を大事にしていくことが大切だ。先にも書いたように、世代交代がすすむか裁判所の判断が出ることで、選択的夫婦別姓も近い将来に必ず実現するのは間違いない。闘争ではなく冷静にじっくり勝機を待つほうが良いと思うのだが。

(佐々木 俊尚)

あわせて読みたい

「夫婦別姓」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  8. 8

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  9. 9

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  10. 10

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。