記事

感染症対策 医療体制が危機 静かな年末年始を 水際対策強化 GoToトラベル停止 


都道府県ごとの医療と感染状況(出所:厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000712398.pdf

 「日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。

 本日12月28日(月)は仕事納めの方が多いと思いますが、今年は中共発のコロナ禍で明け、コロナ禍で暮れようとしています。1月に中共武漢で確認された新型コロナウイルス感染症が国内外に拡散し、大流行(パンデミック)となりました。冬となり、東京はじめ大都市部中心に再々流行となり、いまだ抑え込まれていません。さらに、英国や南アからは、感染力が強い変異種が発見されたとのことで、上陸拒否となり、今日から来年1月末まで全世界からの上陸を拒否しました。国内観光支援のGoToトラベルも一時停止等となりました。

https://corona.go.jp/proposal/

 12月25日(金)、菅総理が記者会見し、同席した専門家会議の尾身会長は次のように発言しています。

「急所が3点あり、今、集中的にやることが重要。

①1つ目の急所は、感染リスクが高まる5つの場面があり、その中でも特に、飲食を介しての感染リスクが高い。そこを抑える、徹底的に抑えるということが1つ目の急所。

 ②2つ目の急所は、いわゆる飲食以外の場でも、少人数、できれば4人以下、それから、いつも一緒にいる人と、なるべく家族とか友人とか、いつも一緒にいる人と過ごすこと。

 ③3番目が、国、自治体のリーダーが、更なる市民の協力を得るべく、一体感を持って、明確なメッセージと具体的な対策を提示することが必要。

こうした急所を、国、自治体、国民、事業者が一体となって行えば、私は、今の感染状況を下方に転ずることは可能。」

https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2020/1225kaiken.html

尾身会長の話を聞いていて、以上の3つの急所ができないと、感染拡大は止められないことになります。今のところ、3つの急所が実施できているとは言えないのではないかと危機感を抱きます。

特に、都道府県ごとの数値を見ても分かる通り、東京はじめ大都市部の方々へのご協力をお願いしたいと思います。そうでなければ、東京はじめ首都圏の緊急事態宣言を再び発することになりかねないと思っています。

●菅総理の記者会見での発言

 12月25日(金)、菅総理が会見し、次のような発言を行いました。

・首都圏を中心に感染が拡大しており、感染者数は1日3,000人を超える高い水準。

・最前線で闘っておられます医療従事者の皆様方、介護施設の皆様方、そして全ての皆様方に敬意と感謝。

・政府として雇用調整助成金などにより雇用を守り、事業を継続する取組を行い、現在に至るまで失業率は2.9パーセントと諸外国に比べて低い水準。

・飲食店の時間短縮、GoTo一旦停止、テレワークなど、国民の皆様には大変な御協力を頂き、深く感謝。

・先日の私の会食の件は、本来、大人数での会食を避けることを要請する立場にありながら、深く反省し、改めておわび。

・今月、東京都内の人出は減っておらず、更なる感染拡大が避けられない状況。

・静かな年末年始を。会合は控えて。してもこの年末年始で感染拡大を食い止めることができるように御協力を。

 ・年末年始は医療機関の体制も縮小せざるを得ず、これ以上、医療機関に負担を増やさないためにも、お一人お一人の御協力が必要。

・政府としてもコロナ対応で派遣される医師、看護師への支援額を倍増。医師には1時間1万5,000円、看護師は1時間5,500円補助。さらに本日、2,700億円の追加予算でコロナ患者を受け入れている病院を緊急支援し、全国で2万8,000床を対象に、1床当たり最大1,500万円の補助を緊急に配賦。

・飲食の場の感染リスクです。東京の感染者の6割程度を占める、「見えない感染」の多くが飲食によるもの。感染対策として最も効果的と言われるのが、飲食店の時間短縮。

・飲食店の支援額を最大1か月60万円から、倍の120万円へ。

・事業者の皆様には最大4,000万円の無利子・無担保での貸付を始めとして、様々な支援メニューを用意。

・飲食店の時間短縮については、給付金と罰則をセットで、より実効的な措置が採れるように特措法の改正を検討。

・水際対策も強化します。イギリスにおけるウイルスの変異種の問題については、昨日から英国に滞在歴のある外国人の入国拒否などの措置を強化。さらに、南アフリカに滞在歴のある外国人についても英国と同様に、入国拒否の対象決定。

・感染対策の決め手になるのがワクチン。米国、イギリスでは既に接種が始まっており、我が国も治験が始まっており、2月にはデータがまとまる予定。その後、安全性、有効性、最優先に審査を行った上で、承認されたワクチンを必要な方にできるだけ早く接種を開始できるように、関係省庁一体となって作業。

 ・GoToについては7月にスタートしましたが、延べ約7,000万人の方々に御利用いただき、感染が判明したのは約340人。地方経済の下支えに大きく貢献。先月、専門家の先生方の提言を受けて、北海道、大阪、東京で一旦停止する措置。更に私自身、悩みに悩み抜いた上での判断でありました。年末年始に集中的な対策を採るため、全国で一旦停止。

 ・私自身、新型コロナウイルス対策について、国民の皆さんへの御説明が十分ではなかった面がありました。今後、国民の皆様に丁寧にコミュニケーションを取ることに努めていきたいと思っています。

・就任して100日。総裁選でお約束したように、まずは新型コロナウイルス対策に全力を尽くし、さらに我が国で長い間先送りされてきた課題、グリーン社会、デジタル化、少子化対策について答えを出し、皆さんに我が国の将来の絵姿を具体的に示すべく、全力で取り組んできました。

・不妊治療については来月から助成の金額を拡大し、所得制限をなくし、22年度から保険適用。

・携帯電話の料金については、大手が相次いで現在の半額程度となる20ギガ2,980円とするプランを発表。

 https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2020/1225kaiken.html

あわせて読みたい

「尾身茂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  9. 9

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

  10. 10

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。