記事

リーガルテック活用の最前線

今年読んだ84冊目は、リーガルテック活用の最前線 ―AI・IT技術が法務を変える

ITはもちろんのことだがAIも、法律実務に与えるインパクトは大きくなる一方だ。

要するに、これまで法専門家の人海戦術という極めてコストの高い仕組みを要求されてきた大量データの整理分析が、自然言語処理を高度化した分析ツールによって効率化し、機械に任せられる程度が飛躍的に大きくなっているというわけである。

そうなると、少なくともそのような人材として大量の弁護士を雇用してきたローファームでは、人減らしにはしらざるを得ず、弁護士の大量失業時代を迎えることは必定である。

これはもちろんe-Discoveryがあるアメリカの話であって、日本を含むその他の諸国では直ちにそのようなことにはならない。というかそもそも大量の弁護士が人海戦術で仕事をしているということもないと言ってよい。

でもディスカバリでの関連性チェックほどではないにしても、契約書チェックとか、デューデリとか、企業法務の多くの領域にAI技術が用いられるようになると、法律事務所がAIを用いて自らの能力を高度化することももちろんあるが、顧客のはずの企業が自らAIによる法務チェックを内製化する可能性も大きいと思われるので、やはり、日本レベルの大規模事務所がリストラを余儀なくされる可能性はないではない。

必ずしも弁護士を減らすということにはならないだろうが、業務内容の大幅な見直しは必至ではないだろうか?

というようなことを「AI技術による裁判の変化と課題」 法の支配197(2020)57−68頁に書いたので、よろしかったらご参照よろしく。

あわせて読みたい

「法律」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。