記事

下村健一氏インタビュー【広報室審議官編】 震災、原発、首相交代 ――霞ヶ関広報の変化の芽を、過去形にしたくない 難波美帆

1/3
画像を見る      

学生時代からの旧知、菅直人の要請を受け、「国民と政権の間のパイプの詰まりを取ろう」と飛び込んだ内閣広報室。攻めの広報をやるつもりが、菅さんまでが守りの広報。着任1ヶ月でマインド・リセットを余儀なくされた下村氏。半年も経たない2011年3月11日に史上稀に見る大地震が起き、前例のない緊急時広報を経験することに。津波災害、原発事故への対応、被災地支援、首相の隣で国の中枢の決断と情報を国民に伝えるという大役を引き受けることになった。菅首相退陣から野田総理の新エネルギー政策決定まで、戦後最大の国難の時期を広報審議官として過ごした下村さんがふりかえる、「できたこと・できなかったこと・これから伝えたいこと」。(難波美帆)

■守りの広報 ―― コツコツと“前例”を積み上げ

難波 ここまでお話をうかがって下村さんが内閣広報室に入った経緯と戸惑い【転身編】、そして、2年間の任期が、取り組みの内容で大きく5つの時期に分かれると伺いました。まずは第1期、着任(一昨年10月22日)から翌年の3・11までの4ヶ月半の平時の広報審議官の仕事の中身についてお聞かせいただけますか?

下村 これはもう完全に、菅直人総理大臣密着の広報。ぼくの席は、内閣官房の建物(国会記者会館の隣。官邸の斜め向い)4階にある内閣広報室の本体にはあったけど、まったく行けたことがなくて、ずっと官邸にいました。ぼくの直属の上司、内閣広報室のトップである内閣広報官は、総理や官房長官と打ち合わせすることが多いから、官邸の中にも内閣広報官室という“出先”の部屋を持ってます。ぼくは菅さんにちょくちょく呼ばれるから、そこに常駐してました。

難波 内閣広報官と一緒の部屋で仕事ですか?

下村 一応、薄い仕切り板はありますけどね。机を置いて。呼び出し電話が来るたびに、4階のその部屋から5階の総理執務室へと、1日に何回も走って往復するという生活が続きました。

難波「守りの広報」の時期とおっしゃっていましたが、その中で、ご自身で納得できる目に見えた前進はありましたか。

下村 印象深いのは、史上初のインターネット番組への総理生出演だと思います。1月始め、神保哲生さんのビデオニュース.comで、菅さんが生放送で年頭所感を1時間やりました。これは、福山官房副長官や寺田総理補佐官といった若い側近政治家がプッシュしてくれて、実現しました。ぼくはTBS社員を辞めた後、10年以上も市民メディア・アドバイザーという謎の肩書で、マスメディア以外の発信をサポートしてきました。ですから、この“前例”を作れたことは、今後の市民メディア発展の足場として大切だと思っています。

自分として一番時間をかけたのは、カンフルブログだったんですが、残念ながら、既存メディアが全然とり上げてくれませんでした。そりゃそうだよね、商業メディアとしては、総理がネットで直接国民と繋がってしまったら、いわば情報ルートとして“商売敵”の出現ですから。余程のことがないとわざわざ報道で紹介しないですよね。それで、アクセスは非常に伸び悩みましたけど、目に見えない副産物も狙って、とにかく動画と文字と両方での発信を続けていきました。

難波 副産物とは?

下村 お役所って、前例がモノを言う。だから、とにかくぼくは、2年という限られた自分の任期のうちに、今後のための前例をたくさん作っていこうと思ってたんです。

たとえば、総理が動画でどんどんしゃべるということ。今までは外遊に行っても、意味もなく遮断されていた部分にまで、徐々にぼくがブログ制作という理由で入っていった。1回目の外遊のときは、ビデオカメラを持った新参者が総理の周りをうろちょろするなんていうのは、徹底的に異端扱いされたんですよ、官邸筋からも外務官僚の方々からも。SPさんから、「ダメだよ、TBS!」と止められたこともありました。

でも、回数を重ねると、警戒すべき行動じゃないと判って、だんだん皆も慣れてくるじゃないですか。そうすると、「ああ、下村審議官、こっちこっち」なんて言ってくれるようになって。そうやって、徐々に風穴を開けていきました。「メディアはここまで」という規制線を超えて、1台だけ特別にカメラを入れるのは、大変。だから、規制線の中にいるぼくが撮って、アップした動画はメディアに全部使用OKにして、映像素材としてどうぞ国民に伝えてください、というルールにしました。

でも、それらの映像を、既存メディアも市民メディアも、まったく使ってくれなかったですね。ぼくの撮影で唯一引っ張りダコになったのが、震災発生翌朝に、菅さんが福島第一原発にヘリで降り立ったときのシーンかな。

難波 わたしも、サイエンス・メディア・センターという活動をやっていて、科学者の生コメントをメディアに提供する社会実験のようなことをしているんですが、日本のメディアはなかなか使ってくれませんね。海外のメディアは使います。しかし、日本のメディアは自分で取材したもの以外使おうとしません。

下村 使ってくれない彼らの論理は、ぼくもメディアにいたからわかります。「どうして俺らが、政府広報のお先棒を担がなくちゃいけないんだ」という矜持です。その姿勢自体は、間違っていません。メディアが権力の批判・監視をやめちゃったら、オシマイですから。だけど、「政府側のアングルを切り捨てて批判する」んじゃなくて、「それはそれとして伝えた上で批判する」という、是々非々のスタンスに立った方が、国民の考える材料が増えていいのになぁ、とぼくは思いますけどね。

そんなわけで、外から見たら、下村なにやってるんだかサッパリわからん。これが最初の4ヶ月間でした。

リンク先を見る
           下村健一氏

■[第2期]震災広報 ―― 今、被災者に必要なのは、水と食糧と情報!

下村 このまま同じ調子で最後まで行くしかないのかな、と思っていたところに、3.11が起きて、そこから一気に第2期に突入しました。原発事故発生からしばらくの間は、総理に密着した広報の意味も、それまでとは変わりました。ものすごく重要なミッションを帯びた。菅さんも後に述懐していますが、いつ原発の状況が変わって、首都圏3000万人の避難指示などの気が遠くなるような重大発表をしなきゃいけなくなるか、わからない。万が一のとき、その原稿をすぐ書くためには、自分が状況を常に把握してなくちゃいけない。この世の現実とは思えないほどの緊張感を持って総理にくっついていました。

と同時に、内閣広報室全体としても、ガラッとその日から仕事が変わって、「被災地にどうやって情報を届けるか」ということが最大ミッションになりました。その両方の掛け持ちとなったぼくは、5階で総理に密着をしながらも、隙をみては4階に駆け下りてミーティングに参加する、の繰り返しでした。

やっぱりここはメディアの人間の感覚でやらなきゃだめだ、霞ヶ関の人間の感覚で動いてる場合じゃないと思い、阪神大震災のときに初日から神戸に入っていたときのことを必死で思い出して、震災発生から1時間後にはみんな何を知りたいか、6時間後には何か、翌日は何か、と考えながら、こういう発信をしましょうという提案をし続けました。

広報室のメンバーもみんな、ありえないぐらいのスピードで動き、すぐさま特設ページを立ち上げ 、そこで各省庁の震災に関する決定をワンストップで見られるようにしました。それも省庁別ではなく、「いのち」「くらし」「しごと」「その他」の4つの見出しで分けようとか、並行して官邸災害ツイッターを始めようとか、そういう決定を矢継ぎ早に実行していきました。

このふたつを同時にやった最初の期間というのは、本当にもうまったく寝る暇がなかった。人間こんなに寝ないで、平気なのかと思いました。

難波 枝野さんも「寝ろ」とツイッターで書かれていましたが、官邸の方たちは皆さん寝てなかったんじゃないですか?

下村 枝野さんも菅さんも、誰も寝てなかったでしょう、最初の数日は。だって、足りないんだもん。「政府が3つ欲しい」と思いました。震災と津波だけで手一杯なのに、原発があんなことになっちゃって。震災・津波用の政府と、原発用の政府と、その間普段のやんなきゃいけないことをやる政府と、3つ欲しかったです。でも、国民の皆さんから見れば、「何やってんだ政府は、遅い!」ということだった。

■あの実状を国のトップが空から見たから出せた決断

難波 東日本大震災は、阪神大震災のときと災害の様子が全然違いましたか?

下村 全然、違いました! それを思い知ったのは、震災発生の翌朝、菅さんと一緒にヘリコプターで飛んだとき。飛んでも、飛んでも、水浸しが続いている。なんだ、これ……と。大変なことになるなと思いました。

難波 わたしは、11日、テレビで津波が町を飲み込んでいく映像を見て、阪神が6000人だったことから考えて、2万人ぐらいの死者になるのではないかと、漠然と考えました。

下村 死者・行方不明19000人というのは、今はみんな知っているけど、自衛隊が人命救助した人数も19000人だったっていうのは、あまり知られてないですよね。あの視察ヘリは、本当に飛んでよかった。菅さんが、あのヘリから被災の俯瞰を見たことで、スケール感を感覚的につかめた。官邸のテレビ画面で、四角く切り取られた映像を見てたって、絶対わかんないですよ。

あの朝、厳寒の中で、被災地のビルの屋上とかに点々と取り残された人たちがいた。被災地の大きさに対して、助けを求めている人の小ささ。このコントラストが、強烈にぼくたちの目に見えたんです。

戻ってから菅さんは、とにかく出せるだけ自衛隊を出してくれと北澤防衛大臣に頼み、2万、5万、10万人と、どんどん出動命令が増えてったわけです。10万人出すっていうのは、大変な数ですよ。国防っていう本来の仕事がある中、ぎりぎりいっぱいの人数です。でも、それはあの実状を国のトップが空から見たから出せた決断だったとぼくは思う。それだけの人数がダーッと動いたから、19000人が助かった。

難波 その数は知りませんでした。津波を逃れていた人たちを、ずいぶん救出できたんですね。

下村 あんな時期ですから、助けが遅れていたら、寒さと飢えで、もっと犠牲者が増えてしまっていたと思います。

難波 今、当時のことを、調査報告書や、省庁の中にいた人がお書きになった本で知ることができるようになりましたが、3月、4月に報道を見ていたときは、日本ってこんなに危ない国だったんだな、こんなに危機管理能力がない国だったんだなと、恐怖を感じました。自分がそれを知らなかったことに、恐怖を感じました。

下村 難波さんが官邸の中にいたら、もっと感じたと思います。何じゃこりゃ、と。

難波 やはり、広域の大災害と原発事故のようなものが同時に起きるというのは、考えたこともなかったんですよね。

下村 懺悔しますが、ぼくも、内閣広報に入って3月11日までは、「今日、大震災と原発の爆発が同時に起きたらどうしよう」とは考えたこともなかったです。そして、もし誰かに当時それを問われたら、「そりゃあ、官邸地下に危機管理センターとか体制があるから大丈夫なはずでしょ」と、きっと答えたと思う。だって、「国」なんだから。自分の家の防災体制ならともかく、国の危機管理体制が大丈夫か個人としてチェックしなきゃ、なんて思いもしなかった。だから実際あの展開となったときに、「え、これ、国?」って何度も唖然とし、己の甘さを猛省しました。

難波 「国としてどうなのか、とぞっとした」と、民間事故調に証言として取り上げられた下村さんの一言ですね。報道に大きく取り上げられ、話題になりました。

下村 “菅叩き”に曲解されましたけどね。とにかく、「何も用意がないんじゃしょうがないね」って言ってる場合じゃないから、誰もが必死でした。

で、3月下旬かな。このあたりまで、時間の感覚が、日付も、昼夜の記憶すらもかなり曖昧なんですけど、空焚きが心配されてた4号機の冷却用プールに、理由は判らないけど奇跡的に水があるとわかったりして、徐々に、総理が重大な発表をしなくちゃいけないという切迫感が、一時よりは下がってきました。それでぼくは、「総理執務室から離れて、被災者への広報に専念させてくれ」と願い出ました。「本当にやむなくなったら5階に戻りますけど、そうじゃなければ内閣広報室の仕事を官邸の4階でします。5階にはなるべく呼ばないでください」と言いました。

内閣広報室では、総出で、「被災者に今必要なのは、水と食糧と情報!」を合言葉に、被災地に掲示する『政府からのお知らせ』という壁新聞を始めたり、枝野官房長官と一緒に毎日『震災情報・官邸発』という番組を被災地のミニFMラジオともつないで流したり、それまでじゃありえないことを懸命にやりました。

避難所ではインターネットも見られない、被災地の市町村役場は手一杯で、伝達もうまく届かない。マスメディアは、政府の対応のダメな点の指摘で忙しい。既存の情報ルート総崩れの中で、ぼくがずっと関わってきた市民の手作りメディアみたいなものが、内閣広報室の仕事になって、「じつは俺、このために政府に来たのかな」と不思議な気持ちで仕事してました。

これが、震災対応の第2期でした。

あわせて読みたい

「菅直人」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  2. 2

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  3. 3

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  4. 4

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  5. 5

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  6. 6

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  7. 7

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  8. 8

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。