記事

天皇の前で泥酔、飲みながら国会答弁…菅首相“8人会食”で思い出す「歴代総理の酒乱事件」- 辻田 真佐憲

 コロナ禍で政治家の会食に逆風が吹いている。菅首相は、国民に自粛を求めながら、みずからは5人以上の会食を行って謝罪に追い込まれた。先般コロナ感染が判明したフランスのマクロン大統領も、直前に10人以上の会食を行っていたとして批判を浴びた。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

 菅首相は酒を嗜まないそうだが、これまでの首相ならば、より混迷をきわめていたかもしれない。というのも日本の首相は、酒豪・酒乱が少なくなかったからである。


菅義偉首相 ©AFLO

毎晩2時まで飲み歩いた“酒豪総理”

 なかでも“ザル”として名高いのが、海軍出身の米内光政(1940年在任)。陸軍が推し進める日独伊三国同盟政策に抵抗した良識派だったが、首相の運転手を長く務めた柄澤好三郎によれば、築地の料亭「山口」を皮切りに、毎晩かならず3軒、2時まで飲み歩いた酒豪でもあったという。

「『山口』でのお相手はたいてい、吉田善吾中将など、海軍の主だった人たちです。他の人は出てくるときはベロベロに酔っ払っているのに、米内さんだけは入ったときも出るときも、ちっとも態度が変わらない。『山口』の番頭に、どのくらい飲んだんだって聞くと、日本酒をみなで一樽あけて、それからウイスキーの角ビンを一人一本ずつあけたんですって」(『バックミラーの証言』)

 米内はそのあと、「金田中」か「宝龍」へ行き、最後は秘密の小さな待合に向かった。これでも酔わないのだから、相当な猛者だった。

 もっとも、これは首相の特権でもあった。当時は物不足の戦時下。米内のような大物でも、首相退任後は酒の確保に窮し、首相官邸の庭で宴会が開かれたときには、最後までひとり残り、徳利に余った酒を集めて飲まなければならなかった。「いくら何でも貧乏くさいことをする人だなあと思って見てると、それが米内さんなんです」(前掲書)。

 豪快な飲みっぷりは、「これで最後」との思いもあったのかもしれない。

「冷やをね、グーッと一杯飲んでから答弁です」

 それにしても、柄澤の回想に飲酒エピソードがやたら多いのは、それだけ歴代の首相が酒を嗜んでいた証だった。昭和改元、満洲事変勃発に立ち会った若槻礼次郎(1926~1927、1931年在任)などは、酒を飲みながら国会答弁をしていたというのだから驚かされる。

「ほら、国会の壇上には、フラスコというか水差しに水が入っているでしょう。普通あれには、水にレモンの汁をたらしてあるらしいんですが、若槻さんのときは、これがお酒。日本酒ですよ。冷やをね、まず、グーッと一杯飲んでから答弁です」(前掲書)

 そんな若槻の答弁は、出身地の島根の方言混じりで「エエ事はエエ、ワロイ事はワロイ」。ただそれだけだった。

 もちろん、これが許されたのは若槻が酒で乱れなかったからこそ。若槻は、大蔵官僚だった若い時分より、その酒豪ぶりを仕事に生かしていた。

酒税の検査で本領発揮?

 明治時代、酒税は国税で長らく収入トップの地位を占めた。そのため税官吏は、この大事な税収を守るべく、酒屋が酒税をごまかしていないかどうか、原酒をみずから飲んで検査することもあった。

 なかには飲みすぎて、ぶっ倒れてしまう税官吏もいた。ところが、愛媛県収税長だった若槻は、いくら原酒を飲んでも、まったく動じなかった。「若槻は何軒もの酒屋を回って、当然、一升から二升の生酒を呑んで検査をするのであるが、全然酔わないので、どこの酒屋も驚いた、という」(豊田穣『宰相・若槻礼次郎』)。

 日清・日露戦争の戦費も、じつはこのような勤勉な(?)税官吏に支えられていたのだった。

 いっぽうで、酒乱タイプの首相もいた。2代目の黒田清隆(1888~1889年在任)はその典型だった。

天皇の前で泥酔してしまったのは……

 黒田の酒乱はつとに有名だった。1878年には、黒田が酔っ払って病身の妻を殺めたとの風聞が立ったほど。ことの真相は不明だが、それがもっともらしく聞こえるくらい、たしかにその酒癖は酷かった。

 いわく、大事な会議なのに出てこないので、使いのものをやると泥酔していた。いわく、なんども使いのものをやると、憤激してピストルで威嚇してきた。いわく、酔っ払って日本刀を振り回した――。

 首相退任直後には、なんと明治天皇の前で泥酔したこともあった。それは、赤坂の仮皇居で、嘉仁親王(のちの大正天皇)の立太子を祝う内宴が行われたときのこと。

 黒田は例によって泥酔し、居合わせた旧幕臣の榎本武揚を見ながら、「陛下、この席に賊がおります」と絡み酒。あまりに「賊がおる、賊がおる」と騒ぐので、危うく喧嘩でもはじまりそうになったという(『「明治天皇紀」談話記録集成』)。

 ただし、明治天皇もシャンパンを2本空けるなど、酒癖はかならずしもよくなかったので、とくにお咎めはなかったようだった。

酒豪揃いの宏池会

 では、戦後の首相はどうか。自民党の名門派閥・宏池会は、現会長の岸田文雄にいたるまで酒豪揃いで知られるが、やはり始祖の池田勇人(1960~1964年在任)は別格だった。

 戦時下のある日。大蔵省の東京財務局長だった池田が、飲み屋から朝帰りの途上、たまたま芝税務署に立ち寄った。驚いた署長が「せっかくですから訓示を」と求めると、「おお」と応諾。淀みなく話して帰っていった。ところが翌日、署長がお礼を述べると「何だっけ……」となにも覚えていなかったという(岩見隆夫「歴代首相が筆執った『國酒』」『毎日新聞』1999年9月28日)。ようするにブラックアウト状態で、完璧な訓示をしたということだ。剛の者というほかない。

酒が入ると豹変した“あの首相”

 そのいっぽうで、その署長、すなわち宮沢喜一(1991~1993年在任)は、やはり宏池会会長ながら、酒が入ると人格が豹変する酒乱タイプだった。

 英字新聞を読みこなし、豪放磊落とは無縁のイメージからすると意外かもしれない。だが、読売新聞主筆の渡邉恒雄は、その“本当の姿”を証言している。

「僕は中曽根内閣のときに総理の依頼で、宮沢さんを大蔵大臣にするために、宮沢さんと二人だけで、ある料亭の女将の部屋を借りて話したことがある」(『渡邉恒雄回顧録』)

 このときまだ宮沢は素面だった。そのため、つとめて冷静に、蔵相就任を受諾するいっぽうで、「政調会長を宏池会に下さい」と求めた。渡邉はその日のうちに中曽根の確認を取って、あらためて宮沢の自宅に電話をかけた。すると、宮沢はもう泥酔状態となっていた。

「ナベちゃん、ナベちゃん」

「宮沢さんの家に電話をかけたんだ。そうしたら『いやあ、こりゃこりゃ、ナベちゃん、ナベちゃん』と言ってもう話にならないんだ」(前掲書)

 前祝いで飲みすぎたのだろうか。実際、宮沢は酒で事故を起こしがちだった。酔いに任せて毒舌を振るい、トラブルになったことも一度や二度ではない。そんな宮沢も、首相就任後はさすがに落ち着いたというから、ここは明治の元勲ではなく、昭和の政治家だったというところだろうか。

 酒を飲まない令和おじさんですら、会食の話題が尽きない。もしこのような酒飲みが首相だったならば、マスコミもさだめしネタに困らなかったことだろう。忘年会が壊滅状態の今年、これら“ひどすぎる”酒席エピソードがせめて家飲みの肴にでもなれば幸いである。

(辻田 真佐憲)

あわせて読みたい

「国会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  2. 2

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  3. 3

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  5. 5

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ闘病した医師が明かす教訓

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。