記事

ためしにメタコンテンツについて整理してみた

1/2
自分の書評記事がまとめサイトに掲載されているのを見て、ふと思ったことがあります。

複数の人たちで何かについて語ることを目にする機会が、ここ数年で本当に増えたなと。

確かに考えてみれば、ネットが普及したことでコンテンツの数も増えましたが、それに付随してコンテンツに対して語られる情報量のほうも増えています。

例えばYouTubeの登場で、動画コンテンツの数は爆発的に増えましたが、一方で動画を紹介するブログ記事や、その動画についてのTwitter・Facebookでのコメントなども、当然激増しています。

それだけでなく、世の中のあらゆることに対して「好き、嫌いという感情」や、「面白い、つまらないという感想」、そして「それはこういうものだという解説や批評」が、ネットの中では溢れています。

ソーシャルメディアの発達もあり、何かに対して複数の人でそれについて何がしか語るということがとても一般的になり、いつの間にか私たちの普段目にしている情報の内かなり大きな割合を、そういった他者の感情、感想、説明、意見が占めるようになってきている気がします。

映画や小説などのコンテンツそのものではなく、こういった「何か」についてみんなで言及することで成り立つコンテンツを「メタコンテンツ」と仮に呼ぶとして(この記事内での暫定的な定義です)、それらを提供しているサービスはどう整理できるのか、自分なりにごく簡単にまとめてみました。

せっかく田端さんの本を読んだばかりですから、MEDIA MAKERSからフレームワークを使わせてもらいます。


あらゆるコンテンツは次の3つ軸の軸で整理できると田端さんは著書で持論を述べています。

x. ストックとフロー

y. 参加性と権威性

z. リニアとノンリニア

ストックとフローは、時間が経っても内容の価値が変わらないかどうか。例えば、前者は辞書、後者は新聞。

参加性と権威性は、内容について誰かが責任を持ちコントロールしているかどうか。前者は食べログ、後者はミシュラン。

リニアとノンリニアは、一閲覧あたりどれぐらい長い時間、閲覧者を拘束するのかどうか。前者は映画、後者はCM。

(詳細はMEDIA MAKERSを参照ください。お世辞ではなく本当に面白い本です。)

デジタルメディア上ではほとんどのコンテンツがノンリニア志向になっていくので、今回はz軸を除く、xとyの二軸で見てみます。またこれからどうなっていくかについては、各象限の特徴がさらに際立っていく、と仮に想定してみます。

あわせて読みたい

「コンテンツ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  5. 5

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  6. 6

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  7. 7

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  8. 8

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    東京五輪開催是非について口を閉ざすアスリートに疑問

    諌山裕

    05月07日 17:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。