記事

LINEにユーザーを奪われるのを今心配すべきなのは、FacebookやTwitterのようなSNSではなく、携帯メールを提供する携帯電話事業者ではないか。

1/2

 すっかりご紹介が遅くなりましたが、先日日経ビジネスさんが発売されたLINEのムックで、今後のLINEの展望についての私のコメントを掲載していただきました。

リンク先を見る

 アンケートが取られたのが結構前だったので、アンケート中で聞かれた2013年の夏のLINEの日本の利用者数3000万人以上という数値を、実はすでにLINEはあっさりと抜き去っていたりするわけですが。

リンク先を見る

 ちょっとこれだけだと短すぎて意図が伝わってないかもしれないのと、丁度昨日から、ラインの企業向けアカウントの中小企業向け公開の記事が話題になっていますので、こちらのブログで自分の考えを補足しておきたいと思います。

LINE新戦略で「タウンページ目指す」、低価格の企業アカウントを全国へ
リンク先を見る


 以前、下記のようなブログを書いたこともありますが、個人的には、LINEの魅力は何と言っても手軽なクローズドコミュニケーションができる点だと考えています。

mixiのプライベートグラフ戦略が正しかったということが、LINEによって証明されたという仮説

 最近になって、カカオトークのヤフーとの提携や、DeNAのcommのリリースなどにより、にわかに激戦区の感を帯びてきた感じもあるLINE周辺。
 LINEのカテゴリは、「無料通話アプリ」や「スマホ通話アプリ」と呼ばれることも多いため、使ってない人からすると一件無料音声通話が人気の秘密と思われるケースも多いようですが、個人的に感じているLINEのコア機能は何と言ってもチャット的なメッセージ機能です。

 メッセージを送りたい人を選んでメッセージを送る。
 この当たり前のことが手軽にでき、さらにそこにスタンプというテキスト入力不要のコミュニケーション手段を追加したことで、これまでのガラケーのメールやデコメの置き換えになった。というのがシンプルなLINEの魅力でしょう。

 実際には目線を一歩引いてみると、2億人のユーザーを誇る中国のWeChat、6600万人の韓国のカカオトーク、そして先日7500万人を突破したNHN JapanのLINEと、「スマホメッセンジャー」と言われるカテゴリのアプリの躍進はアジア全体で始まっています。


日本・中国・韓国・アジア「メッセージ」戦争ーー覇者はどのサービスだ
リンク先を見る

 その背景にあるのは何と言ってもスマートフォンの普及。

 つまり、従来のフィーチャーフォンにおける携帯メールやショートメッセージサービスの代わりとして、キャリア横断のスマホメッセンジャーが流行しているというのが、アジア全体の現象です。
 実際問題、一歩引いてみると、2011年にサービス開始されたLINEは、実は2010年に開始されたカカオトークなどの先行サービスのクローンの一つとも言えます。

 
 最近、「LINE凄いですよね、TwitterやFacebookやばいですよね」みたいな発言をされるケースが結構増えてきているのですが、実はTwitterやFacebookのような発言をみんなに見せるサービスと、LINEのように指定した人に直接送りつけるサービスは本質的に目的が違うと考えています。

 TwitterのタイムラインやFacebookのニュースフィードはプル型のコミュニケーション
 LINEのメッセージは、プッシュ型のコミュニケーションです。

 Twitterが象徴ですが、プル型のコミュニケーションは、誰にも返事を強制しません。独り言のようにつぶやいたら、誰か反応してくれると良いな、というコミュニケーションです。

 一方でLINEのようなプッシュ型のコミュニケーションは、電話やメールが象徴ですが、特定の誰かに返事を要求しているコミュニケーションです。


 先日「mixiが死ぬどころか、LINEのタイムラインが全然使われていない件「毎日閲覧する」はわずか10%」という記事を読みましたが、ここにあるように現時点ではLINEのタイムライン機能はかなりの苦戦を強いられている模様。

 まぁ、それはある意味当たり前で。
 LINEを立ち上げるときというのは、多くの人は「特定の誰かに何かを伝えたい」。もしくは誰かからメッセージが届いたからそれを見たい、もしくは返事をしたいとき、というコミュニケーションの目的が明確なとき

 一方でTwitterを立ち上げるときと言うのは、とりあえず暇だから他の人が何話してるか見たいとき、もしくは誰かに反応して欲しいけど特定の人にメッセージを送りつけるほどでは無いから不特定多数の友達に対してつぶやきたいとき、というコミュニケーションの明確があまり明確では無いとき、です。
 
 目的が全く違うコミュニケーションのためのツールなので、必ずしも一緒に並べれば上手くいくというものでもないんですよね。


 GoogleがGmailの大量のユーザーを持っているのにGoogle+が今ひとつだったり、Yahoo!がヤフーメールの大量のユーザがいるのにYahoo360やYahoo Daysで失敗した背景もここにあると考えています。

 もちろんFacebookにおいても、メールの代わりとなるFacebookメールや、メーリングリストの代わりとなるFacebookグループがあり、これらはLINEのメッセージ機能やグループチャット機能と間違いなくバッティングしているので、今後実際問題、これらのサービスの力関係がどうなるかは難しいところではあります。

 そういう意味でLINEのタイムラインを機能させる方法もきっと見つかるはずですが、当面のLINEを恐れなければいけないのは、TwitterやFacebookのようなプル型のコミュニケーションのサービスではありません。
 当面、LINEにコミュニケーションのシェアを奪われる可能性が高いのは、プッシュ型のコミュニケーションのサービスなのです。

あわせて読みたい

「LINE」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  4. 4

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  5. 5

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  8. 8

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  9. 9

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  10. 10

    野村、米顧客取引関連で今期650億円の損失計上 ポジション処理完了

    ロイター

    05月18日 18:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。