記事

土井善晴氏、コロナ禍は新しい生き方の気づきに「良かったこともあったんだと」

●思い出された“当たり前の暮らしの大切さ”

27日に放送される読売テレビ・日本テレビ系旅番組『遠くへ行きたい 50周年スペシャル! ニッポンのごちそう』(6:30~7:30)に、旅する人として出演する料理研究家の土井善晴氏。新型コロナウイルスに襲われた2020年だったが、「良かったこともあったんだと思うんですよ」と、苦難の中でも新たな気づきがあったと前向きに捉えている。

“おうち時間”で料理を始める人が増えたことに対しての思いや、Twitterで話題となったユニークなやり取りなども含め、土井氏に今年を振り返ってもらった――。

料理研究家の土井善晴氏

○■暮らしに料理が入るのは当たり前だったが…

2020年は「やっぱり歴史に残るような1年だったと思います」という土井氏。その中でも、「自然と人間の関係とか、そこにある暮らしというような当たり前のものがこんなに大切なものであって、そしてこんなに尊いもの、みんなの心を安らかにしてくれるものだと、その大切さを改めて思い出させてくれたという点に関しては、良かったこともあったんだと思うんですよ」と語る。

「だから、“コロナ後”ということになっても、ただ単に元に戻ろうということではなく、この時期に気づいたことを忘れないでほしいですね。また同じことになる可能性もあるし、もう少し落ち着いて生きていかなあかんやろうなという気がするんです。でも、悪いことではないし、そうなったら逆に良いもんやと思ってます」

外出自粛をきっかけに“おうち時間”の過ごし方も話題となり、料理を始めるという人が多かったのも今年だ。

それについては、「SNSとかで感じているんですけど、若い人や男性がずいぶんと『料理って意外とやればできるんだな』と思ってくれているみたいですね。そういうふうに暮らしの中に料理が入っていくのは、当たり前のことやと思うんですけど、それを仕事などのせいにしていたりしてなかなか実現できなかった。そうやって、ストレス解消に味の濃いものを食べていたのが、自分で料理するようになって、普通のおいしいものが思い出されて、体の調子も良くなって。おまけに、適当に運動もできるし、家族と過ごせるし、そんな中で、未来に対して自分のペースや生き方というのに気づいた人も多いんじゃないかと思います」と、生活全体にプラスになっていることを指摘した。

『遠くへ行きたい』のロケより (C)ytv

○■料理へのハードルを上げすぎている

SNSといえば、土井氏が自身のTwitterで行っている「教えて土井善晴先生!!」が話題となった。一般ユーザーからの料理についての質問に返信したのがきっかけで、「教えて土井善晴先生!! ってええなあ」と、次々に答えていくようになった。

「味噌汁にこれだけ入れたらあかん!ってもんはあります?」に対して「おいしく食べられるケーキ」など、ひと言で破壊力のあるユニークな回答が反響を呼んでいるが、「答えたくなるような質問やったらいつでも答えようと思うんですけど、そのタイミングですよね。ふと聞かれてパッと答えるのがいいんだと思います」という意識だそうだ。

そんな中でも、子供が料理を食べてくれずに悩んでいる母親からの声には、「ちょっと頑張りすぎてるように思います。子供はあまり手や味を加えたもんより、シンプルなもんが好きです。いいお味噌買って、野菜と油揚げや鶏肉いれて味噌汁作ってあげてください。大丈夫やよ」と、温かい言葉で優しくアドバイスすることも。

「考えんでもええこと考えてたり、せんでもええことせなあかんと思ってたりするから、私にしたら『そんなもん考えなくてもいいのよ』っていうことを素直に伝えてるつもりなんやけどね。みなさん、“料理”っていうたらハードルをすごく上げられるんですよ。だから、私が言うことに『そんなんでええの!?』って驚きになるんだけど、実は料理ってもっと全員が楽しめるもんなんですよ。その考え方のギャップがね、私とみなさんでかなり大きいんだと思いますわ」

●正月5日まで…土井家のおせち料理

「教えて土井善晴先生!!」を始めるに当たり、「考える練習になるわ」とツイートしていたが、この“考える”ことの大切さも説いてくれた。

「レシピを見てそのまま作ったのなんて、料理してることにならないからね。実は、和食にはレシピって必要ないんですよ。今あるものを食べるというのがまず基本やから、レシピなんて見てたら間に合わないし、食材もそろえなきゃいけない。“一汁一菜”(ごはんを中心に、汁=みそ汁と菜=おかずを1品ずつ合わせたスタイル)って言ってますけど、毎日何作ろうかってメインディッシュのことで悩むなんて、プロでも一番嫌なことやからね。それをお母さんが毎日やらなあかんって、そんなしんどいことないから。だから、その場にあるもので考えて作って、時間に余裕があればちょっと買い物いこうかなくらいでいいんですよ」

(C)ytv

まもなく新年を迎えるが、「私は1年でお正月が一番好きなんですよ。うちはお正月になると全員着物着て、三が日を過ごして、3日どころか5日くらいまでずっとおせち料理食べてます」という土井家。

「家族みんなで作ります。おせち料理はね、すべての和食の技術が入ってるんですよ。だから、1回お正月のおせち料理を経験すると、確実に腕が上がる実感があると思います」と、年末も“おうち時間”を過ごす人たちへ呼びかけている。

●土井善晴1957年生まれ、大阪府出身。芦屋大学卒業後、スイス、フランス、大阪で料理修業。土井勝料理学校勤務の後、92年に独立、「おいしいもの研究所」代表。十文字女子大学特別招聘教授、甲子園大学客員教授、東京大学先端科学研究センター客員研究員などを務め、『おかずのクッキング』(テレビ朝日)、『きょうの料理』(NHK)などに出演する。著書に『土井善晴の素材のレシピ』『一汁一菜でよいという提案』『料理と利他』など。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  2. 2

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  3. 3

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  5. 5

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  8. 8

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  9. 9

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

  10. 10

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。