記事

自衛隊機のコスパを検証する(後編)

1/2

[画像をブログで見る]

清谷信一(軍事ジャーナリスト)

【まとめ】

・問題は維持費。陸自による新攻撃ヘリ導入は無理か極めて困難。

・攻撃ヘリ任務を満たせば可。陸自はCOIN機導入の検討を。

・現代戦で役に立たず維持費の高いOH-1は改修せず全機退役を。

今回も前回に続いて米軍機の飛行時間当たり経費(CPFH:Cost Per Flight Hour)を元に自衛隊機のコストパフォーマンスを検討してみたい。

米軍の攻撃ヘリAH-1Zの1飛行時間当たりの経費(CPFH)は5,000USD(米ドル)、AH-64Dが8,000USD弱、AH-64Eが6,000USDだ。D型がE型より高いのは、運用の終末期である2025年が近づいており、コンポーネントなどの生産数が減っているからだろう。これは同様に陸自のAH-64Dの運用コストも上がっているというになる。またE型の運用コスト低減は一定のコンポーネントをソフトウェアで置き換えて部品点数を減らしている可能性もある。

さて、陸自は予算的に既存のAH-1SやAH-64Dを更新するための攻撃ヘリを調達・維持できるだろうか。調達予算の方法ややり方にもよるが、AH-1ZやAH-64Eの単価は60~80億円程度だろう。一括契約すればかなり下がるはずだが、防衛省の調達システムでは無理だろう。AH-1Zについては生産ラインの終了が近いと思われる。陸自が発注する場合、一定期間で一定機数を発注する契約を結ぶのは難しい。そうであればAH-64Dの調達時と同じように、生産途中で調達が中止という同じ轍を踏むことになる。

[画像をブログで見る]

問題は維持費だ。調達費は一時費用だが、運用費は固定費用で、毎年ずっしりと負担がかかってくる、それが30年は続くのだ。それに果たして耐えられるのだろうか。

筆者は陸自が新たな攻撃ヘリを導入、それが2個飛行隊程度でも予算的に無理、あるいは極めて難しいと考える。

陸自のヘリの維持予算は年に約220億円程度に過ぎない。オスプレイの維持費が17機で毎年170億円かかるので、その3分の2を消費する。整備予算を増やしても維持費が非常に高い攻撃ヘリを維持するのは困難だろう。しかも新型汎用ヘリであるUH-2も毎年一定数を調達する必要がある。これらの負担がズッシリとかかってくる。

攻撃ヘリの後継を攻撃ヘリにしなければいけないということはない。要はその任務をこなせればいいのだ。かつては攻撃ヘリの主任務は匍匐飛行で敵の機甲部隊を攻撃するものだったが、現在ではむしろISR(情報・監視・偵察)及び、味方地上部隊への火力支援である。その目的を達するのであれば別に攻撃ヘリである必要はない。 

ジェット戦闘機にはCAS(Close Air Support:近接航空支援)は向いていない。飛行速度が速すぎて、正確な対処ができないからだ。目標の確認が困難であり。誤爆が起こりやすい。これは特に人口の7割が都市部に集中している我が国では友軍誤射だけではなく、民間に対する副次被害が起こる可能性が高い。

そもそも想定される対中国との島嶼防衛戦では圧倒的な機数を誇る中国の戦闘機に対抗するのが精一杯で、空自には近接航空支援戦闘機を裂く余裕はないだろう。

またジェット戦闘機はコストも高い。調達及び運用コストの高いジェット戦闘機をCASに投入するのはコストパフォーマンスの点でも効率が悪い。因みに米軍のCASに使用される固定翼機のCPFHを見てみよう。A-10 が6,863USD、F-16Cが9,054USD、F-15Eが31,700USDだ。

これらジェット機に対してターボプロップのCOIN機はコストが圧倒的に安い。A29(スーパーツカノ)やAT-6は1,000USDに過ぎない。これはAH-64Eと比べても6分の1に過ぎない。

陸自はスーパーツカノなどの固定翼のCOIN(Counter Insurgency:対暴動)機の導入を真剣に考えるべきだ。スーパーツカノのCPFHはAH-1Zの5分の一、AH-64Eの6分の一だ。そして機体が単純なぶん稼働率も高い。スーパーツカノの稼働率は通常8割程度で、整備が大変なヘリよりも稼働率は高い。当然、訓練費用も安く上がる。調達単価も20億円ほどで、攻撃ヘリの数分の一だ。

近年はこのような機体がアラブ首長国連邦、トルコ、南アフリカ、韓国などでも開発されている。

COIN機は攻撃ヘリよりも生存性が低いと言われるが、必ずしもそうではない。ISRや火力支援では相応の高度を保てるし、また対戦車ミサイルの射程も長射程化しているので、敵の携行ミサイルの射程距離に入らずに済む。

またヘリと違い小直径誘導爆弾なども使用できる。更に最近話題になっている徘徊型の自爆UAVを搭載することも可能だ。火器管制装置、射出座席、防御システムはジェット戦闘機並で、コックピットも装甲化されている。対して攻撃ヘリにはカモフのKa50等一部の例外を除いて射出座席はない。つまり西側の攻撃ヘリには座席射出装置はついていない。また飛行速度も飛行高度も低く、COIN機よりも生存性が低いともいえる。

そもそも我が国が防衛大綱で想定しているのはゲリラコマンドウ対処であり、島嶼防衛である。別に本格的な機甲部隊に対する攻撃を想定しているわけではない。つまり濃密な対空火器を想定する必要も薄い。最大の脅威は携行型対空ミサイル、短距離ミサイルなどだろう。

ターボプロップのCOIN機は滞空時間、航続距離、飛行高度、最高速度で攻撃ヘリよりも有利だ。スーパーツカノは機内のタンクだけで航続時間は3時間半、航続距離は約450キロだ。増槽で更に延びる。攻撃ヘリの滞空時間はその数分の一に過ぎない。速度も二分の一に過ぎない。

アフガンの戦闘で問題になったのは、攻撃ヘリは滞空時間が短いためにCASのために戦域に常駐するのが困難なことだ。地上部隊が必要なときに攻撃ヘリの火力支援を受けられなかったことは少なくなかった。

戦域上空での滞空時間が仮に1時間だとすれば2機でチームを組むとして8時間ならば16機が必要だ。それを何週間も続けられるだろうか。ヘリは整備も大変だ、前線近くに拠点を構築し整備する場合、稼働率は大幅に下がるだろう。戦闘が長引けば、攻撃ヘリの稼働率は激減する。

対してCOIN機ならば進出速度が高く、長時間滞空できるので、より少ない機数でCASが可能だ。国内は大抵小さな空港、飛行場があるのでVTOL機能がなくても実は運用に問題はない。よく攻撃ヘリは猫額みたいな場所で運用が可能と思っている人がいるが事実ではない。

攻撃ヘリも武装と燃料を搭載した場合、滑走が必要だし、また部隊単位で運用するならば整備隊が展開し、武器や燃料などの置くスペースなども含めて相応の広いスペースが必要だ。猫の額のような空き地や学校のグラウンドなどでは不可能だ。

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  6. 6

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  7. 7

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  8. 8

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  9. 9

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

  10. 10

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。