記事

12月26日(土)ムネオ日記

 メディアは、吉川貴盛前代議士の事務所捜索、安倍前総理の国会での答弁で一色だ。

 不思議でならないのは、家宅捜査は捜査関係者(この場合、検察であるが)しか知り得ないことがなぜテレビカメラが知るのだろうか。リークしたからこそ報道機関が駆け付けることになる。

 検察事務員がさもさものように段ボール箱を運んで出す様子が映っているが、あの段ボール1箱に入っているのは、ノート1冊とか数枚の書類なのである。これも演出の類で「仕事をやっています」よ「こんなに関係書類を押収しましたよ」というアピールであり、茶番である。

 読者の皆さんもその点、よく気付いてほしい。

 安倍前総理の答弁については、昨日も触れたが誠実に事実に沿ってありのままを話したと受け止めている。

 先代安倍晋太郎先生時代からの秘書であると、使用人とはいえ遠慮があるものだ。合わせて長く勤めているのだから信頼もしている。

その秘書が「かくかくしかじか、きちんとやっています」と安倍前総理に報告したなら、その通り国会で答弁したに過ぎない。

 全くの第三者、関りのない人達を集めての便宜供与は法に触れるが、安倍晋三後援会として国会研修を企画し募集し、日頃から安倍後援会に携わっている人の会である。

 野党は公職選挙法に触れるとか、政治資金規正法に触れるとか声高に言うが、もっと冷静に事の事実を踏まえるべきだ。

 普段から大なり小なり後援会とご縁のある人の集まりであり、そこには社会通念上の付き合いは何も問題ないのである。

 残念なことは安倍事務所の秘書がきちんと事務処理をしていればなんでもないことで、マンネリ化した事務的手続きが今回の件に繋がったものと考える。

 かつて小渕優子代議士の時もお父上時代からの秘書であり、全て任せていたことが結果的に小渕代議士にとってアダとなってしまった。

 代議士と秘書の関係は信頼で繋がっており、責任者がちゃんとしていれば問題ないことである。

 私自身、中川一郎先生の秘書時代からさまざまな経験をし、色んなことに出会って来たが、事実を正確に、そして何よりも何があっても中川一郎先生に迷惑を懸けてはいけないという強い気持ちをもってやって来た。

 今回の件で略式起訴され、罰金で済んだ安倍事務所の秘書がもう少し丁寧にきちんと地元、東京事務所間で連絡を密にしていればこんな騒ぎにならなかったのではと考える時、安倍前総理が気の毒である。

 安倍前総理に虚偽答弁118回という野党の人は、人間関係の重さ、そして信用というかけがえのない実態を知らずに無責任に非難、誹謗しているとしか思えない。

 記載ミスより、その何倍もの悪いことをした辻元清美氏に言いたい。国民の税金を詐欺しておきながら、詐欺を認め裁判もしなかったあなたに安倍前総理に白黒言える資格はないと断じておきたい。文句があるならどうぞ言ってほしい。

世の中、何が正しくて何が公平か、ここはしっかりケジメを付けておく必要があると私は強く国民に訴える次第だ。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。