記事

「何かが合わない感じがするの」ローラとの“放送事故対談”でフワちゃんが完全敗北したワケ - ラリー遠田

 コロナ禍で日本中が暗いムードに包まれた2020年に、一人気を吐いていたのがユーチューバー芸人のフワちゃんだ。収録中でも自撮り棒片手に写真を撮りまくり、目上のタレントにも馴れ馴れしい口調で話しかける。その勢いはとどまるところを知らず、多数のCMに出演し、新語・流行語大賞にもノミネートを果たした。

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

 そんな向かうところ敵なしの彼女に唯一、土をつけた人物がいる。ファッションモデルでタレントのローラだ。11月21日放送の『まつもtoなかい~マッチングな夜~』(フジテレビ)で2人は初対面を果たした。


「2020ユーキャン新語・流行語大賞」でも「フワちゃん」はトップ10入り ©️AFLO

 この番組では、MCの松本人志と中居正広が見守る中で、意外な組み合わせの2人が次々に登場してトークを展開した。甲本ヒロトと菅田将暉の対談はネット上でも評判が良かったが、ローラとフワちゃんの対談はネガティブな意味で大いに話題になった。それは近年なかなか見られないほどの「大事故」だった。

“タメ口キャラ対談”は悲惨な結果に……

 基本的に、テレビ番組の映像のすべては制作者の意図によって作り込まれている。番組として成立している状態でなければ、それが電波に乗って放送されることはない。

 バラエティ番組の収録現場を生で見学したことがある人なら、そのことを実感できるはずだ。実際の収録現場は、テレビで見る印象ほど終始盛り上がっているわけではない。盛り上がっている場面もあれば、そうではない場面もある。収録の合間には、セットチェンジや衣装チェンジのための小休憩もあったりする。

 バラエティ番組がずっと盛り上がっていて面白いように見えるのは、盛り上がった場面だけを編集で切り取っているからだ。さらに、そこにテロップや音楽や効果音が加えられることで、地味な映像素材がバラエティ番組という完成品になる。

 でも、ごくまれに、成立しているとは言いがたい「事故」が映し出されることがある。本来ならカットされるような気まずい場面やグダグダの場面が、そのまま放送されてしまう。ローラとフワちゃんの対談はまさにそのようなレアなケースだった。

棒読みで「わー、嬉しいな」

 彼女たちはいずれもバラエティで一世を風靡した女性タレントであり、タメ口キャラという共通点もある。そんな2人を対面させるとどんな化学反応が起こるのか、というのが制作者の狙いだったはずだ。

 だが、いざ蓋を開けてみると、トークは上滑りして、ボケは的を外しっぱなし。どうにも噛み合わないやり取りが延々と続くことになった。

 最初からフワちゃんの様子がおかしかった。フワちゃんが「ローラに憧れている」と話を切り出すと、そんな話は聞いたことがないと中居と松本が疑問を投げかけた。すると、フワちゃんが「待って、自分のリズムでやらしてよ」と反論した。

 何気ないやり取りではあるが、ごく普通のツッコミに対して、フワちゃんが少し過剰反応であるようにも見えた。このときすでに彼女の表情は硬かった。

 フワちゃんは番組内でローラが言っていた「ピンポーン」という言葉を真似してみせたが、ローラの反応は薄かった。フワちゃんは「3分前に盛り上がったやつ、もう1回やったらウケるんじゃないの!?」と不満を漏らしたが、そんな笑いの基本原理すら通用しないほど、場は冷え切っていた。

 テレビに出る前のモデル時代からローラが好きだったと語るフワちゃんに対して、ローラは「わー、嬉しいな」と心のない棒読み口調で返した。

なぜ2人は噛み合わなかったのか?

 その後、フワちゃんは果敢にボケを繰り出していったが、どれも空振りに終わった。約10分間のオンエアだったこの対談。放送できた範囲だけでこのスベりっぷりだったのだから、実際の収録現場はもっと地獄のような状況だったことは想像に難くない。新旧タメ口キャラ対決は、フワちゃんに苦い思い出を残すことになった。

 彼女たちが噛み合わなかった理由は、その共通点と相違点にある。ローラとフワちゃんが似ているのは、タメ口キャラという表層的なことだけではない。もう1つの隠れた共通点は、彼女たちが本質的に受け身の芸風であるということだ。

 ローラとフワちゃんは、持って生まれた奇抜なキャラを見せることで、共演者に驚かれたり、怒られたり、いじられたり、何らかの反応をしてもらうことによって成り立っている。自分から積極的にパンチを繰り出すタイプではなく、相手のパンチに合わせて拳を突き返すカウンターを得意とするタイプなのだ。

 しかし、2人だけで向き合って対談するとなると、どちらも相手が話しかけるのを待っているわけにはいかない。そこで、フワちゃんが自分から仕掛けざるを得なくなったのだ。

 だが、前述の通り、フワちゃんはカウンターを得意としており、自分からの攻撃は苦手だ。だから、威力のないパンチを繰り出すしかなかった。当然、有効打にならない。また、それを受けるローラも、相手のパンチが弱すぎるためにカウンターを出すことができない。そうやって彼女たちは膠着状態に陥っていった。

ローラとフワちゃんの“立場の違い”

 なぜフワちゃんは自分から仕掛けたのか。それは、2人の間の決定的な違いによるものだ。フワちゃんは現役でバラエティの現場で戦っているが、ローラはそうではない。すでに芸能活動の拠点をロサンゼルスに移していて、バラエティ番組にはほとんど出なくなっていた。

 そのため、ローラはバラエティの現場で自ら体を張って戦う必要がない。むしろ、モデルとしての活動にマイナスになることはしない方がいい。だから、このときも自分から仕掛けたりはしないし、膠着を打破しようともしなかった。

 だが、現役選手であるフワちゃんにはこれができない。フワちゃんにとって引き分けは負けと同じなのだ。だから、勝てる可能性が薄いとわかっていても、自分から攻めるしかなかった。そして、当然のようにスベり続けて、大怪我を負うことになった。

「大好きだけど、何かね、何だろう……」

 八方塞がりのフワちゃんは「ふざけなかったらふざけなかったで盛り上がらないし、ふざけたらふざけたで盛り上がらないし、どうすりゃいいんだよ!」と本番中に不満を漏らしていたが、この渾身のギブアップ宣言すら笑いにはつながらず、虚しく空を切った。フワちゃんのことが好きなのか中居に聞かれて、ローラは答えた。

「大好きだけど、何かね、何だろう、何かがね、何かが合わない感じがするの」

 2人とも決してテレビの経験が浅い人間ではない。だが、相性が悪い者同士が向き合うと、ときとして最悪の結果を招くことがある。ローラとフワちゃんの対談は、昨今めったに見られなくなった放送事故級の大事故だった。

 ローラの前に完全敗北を喫し、意外な弱点をさらけ出したフワちゃん。このときの反省を糧にして、2021年はさらに成長した姿を見せてもらいたい。

(ラリー遠田)

あわせて読みたい

「フワちゃん」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。