記事

「みんなが“感染した人は悪くないよ!!”という意識を」陽性者に謝罪を強要する社会の風潮にネットニュース編集者・中川淳一郎氏


 「新語・流行語大賞」に「3密」、「今年の漢字に」「密」が選ばれるなど、新型コロナウイルスに翻弄され続けた2020年。ネット上には、ネガティブな言葉の数々も溢れた。

 ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は「炎上ウォッチャーとしては、非常に多かったなと感じている。コロナ以外にも、“スポーツ選手は政治的な発言するな”と大坂なおみさんが叩かれることもあった。ただ人権の問題として意見しただけであって、安易に政治と結び付けなくても良かったはずだ。やはりネットを見る時間が増えたことで、考え方の違う人同士の言い争いも増えてしまったのだと思う」。


そんな思いから、「21世紀学び研究所」が立ち上げたのが、「誰かを傷つける言葉を、来年には持ち越したくない」がコンセプトの「流行禁句大賞2020」だ。

 自宅でのテレワークを続ける家族への「えっ…今日も家にいるの?」という発言や「ごめん、しばらく帰省しないで」といった発言のほか、「え、なんで鬼滅見てないの?」と、今年大ヒットした『鬼滅の刃』にまつわる“キメハラ”など、4人の選考委員が選んだ言葉が並ぶ。

 企画に携わっている中川氏も「これってあんまりよくない言葉だったんだな、と思い返してもらうとともに、傷ついた人には、これ以上あなたは傷つかないでいい、ということを伝えたい。特に“女性はいくらでも嘘をつける”など、生まれついての属性、変えられないものに対して偏見をもとにディスるのはいかんということだ」。


 とりわけ目立ったのがコロナにまつわる言葉の数々については、次のように指摘する。

「経済を回すことの方が重要だという考え方もあるが、やはり恐れている人に対して“コロナはただの風邪”などと言って押し付けてはいけない。あるいはコロナの陽性反応が出た人を“気の緩みがある”とか叩いたり、謝罪に追い込んだり。議員や大臣までそんなことになった。感染したかった人なんて一人もいないはずだし、海外なら“早く治してね”だけで終わるはず。しかし日本では職場で差別されたり、医療従事者の子どもが保育園に来ないでくれと言われてしまったり。中には引っ越しを検討しなければならなくなったという話もある。“感染した人は悪くないよ!!”という意識をみんなが持たなければならないと思う」

 今年後半、生活の拠点を佐賀県に移した中川氏自身も、コロナをめぐって嫌な思いをしたことがあるという。

 「佐賀はコロナに対しても寛容で、東京から来た私に対しても、みんな全く気にしなかった。ただ、髪を切りに行った時、“初めてか?”“どこに住んでいるか”と聞かれ、もともと東京に住んでいたことが分かると、“じゃあダメだ”と言われた。引っ越して50日も経っていたのに、“それでもごめんなさい”と。やはり高齢者のお客さんを安心させたかったというのもあると思が、悪気なく人を傷つけてしまうのも、今回のコロナがもたらしたことの一つだと思う。他県のナンバー狩りのように、“安心したい”という気持ちが差別につながっていく」。

 「流行禁句大賞2020」はTwitterで27日24時まで投票を受け付けている。大賞の発表は翌28日を予定している。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  9. 9

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  10. 10

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。