記事
  • ロイター

ロシア、OPECプラスの2月の日量50万バレル増産を支持へ=副首相


[モスクワ 25日 ロイター] - ロシアのノバク副首相は、石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」の協調減産について、ロシアは来年2月から追加で日量50万バレルの増産を支持するとの見通しを示した。

原油価格は今週、新型コロナウイルスの変異種発生を受けて下落。現在は1バレル=50ドル台で推移している。

副首相は25日に公表が解禁されたコメントで、石油生産の回復を実現する上では1バレル=45ー55ドルがロシアにとって最適な水準だと指摘。ロシアの生産量はOPECプラスの協調減産で大幅に落ち込んでいる。

OPECプラスは、来年1月から減産規模を日量50万バレル縮小することで合意。次回1月4日のオンライン会議で2月に減産規模をさらに日量50万バレル縮小するかを協議する見通し。

副首相は記者団に「正常な安定した状態が続けば(日量50万バレルの増産を)支持するだろう」と発言。市場の混乱を避けるため、段階的な増産を支持すると述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  5. 5

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  7. 7

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ闘病した医師が明かす教訓

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。