記事
  • ロイター

東証がTOPIX算出方法見直し、「プライム」など3市場に再編で


[東京 25日 ロイター] - 東京証券取引所は25日、2022年4月4日の市場区分再編に伴い、TOPIX(東証株価指数)の算出ルール見直しを発表した。新たな市場区分に関係なく、同年4月1日時点の構成銘柄を継続してTOPIXに採用。一方、流通株式時価総額が100億円未満の銘柄は「段階的ウエイト低減銘柄」に指定し、22年10月末から25年1月末まで、四半期ごとに構成比率を徐々に下げる。

段階的ウエイト低減銘柄に指定された場合でも、その後の株価回復状況や売買回転率を踏まえ、再評価を23年10月に実施する。25年1月末までの移行期間における新規上場銘柄については、区分見直し後の最上位市場「プライム市場」に新規上場する銘柄のみをTOPIX構成銘柄とする。

東証は22年4月、現在の第1部、第2部、東証マザーズ、ジャスダックの4つで構成される市場区分を「プライム市場」、「スタンダード市場」、「グロース市場」の3市場に集約する。

体制移行後の定期的な入れ換え方法は、金融審議会の専門家部会が市場関係者の意見を広く聞いた上で決定する。同時に構成比率の上限(キャップ・ルール)も導入し、10%とする。東証の荒井啓祐・情報サービス部長は記者向け説明会で、「海外での指数利用を考えて、国際基準を意識して導入する」と語った。ただ、TOPIX構成銘柄の最大比率を占めるトヨタ自動車でも3%程度にとどまることから、市場全体に与える影響は限定的とみている。

東証は、継続採用となる流通株式時価総額100億円以上の銘柄のTOPIXに対するカバー率を99%以上と試算している。

*内容を追加しました。

(佐古田麻優、水野文也 編集:久保信博)

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  8. 8

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  9. 9

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  10. 10

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。