記事

死に金からは、おさらばしよう

ビジネスの現場のみならず、手持ちの資金をいかに有効につかうかで、5年後10年後に大きな差となっていく。

それを先行投資ともいうが、期待した実りをもたらしてくれることもあれば、期待外れで終わってしまうケースも多々ある。

否、さしたる実りをもたらしたわけでもないが、十分にお金の価値を堪能することができることもある。

そんな時は、たしかにこれといって明確な実りとはいえないまでも、自分としては十分に満足である。

そういった、お金のつかい方をしたいものである。 ところが、「死に金」にしている人が圧倒的に多い。

コロナ禍で外出もままならず、この正月は家でゆっくりする人が多いと思う。

せっかくだから、自分は価値のあるお金のつかい方をしているかどうかを、静かに振り返ってみよう。

先ずは、いつも槍り玉にあげる預貯金だ。 ただ、安心できるからで漫然と預貯金してはいないだろうか?

その点、じっくり考えてみる価値がある。 早い話、年金のことも老後の準備も、不安だという人は多い。

その人たちは、後生大事に抱え込んでいる預貯金が「死に金になっている」ともいえよう。

もし、自分の預貯金がしっかり働いてくれているならば、上に書いた不安など感じないはず。

この手持ちの預貯金が頑張ってくれるから、年金不安もなく老後への備えも万全で、ありがたいことだと思えないのなら、やはり死に金だ。

でも、だからといって預貯金から投資に踏み出すのは、リスクが大きくて躊躇してしまう?

そう言うのなら、どういった投資であれば、それほどリスクを感じなくて済むのか、徹底的に洗い出してみよう。

これも、お正月休みの課題となる。 なぜなら、なにも考えずただ安全だからと貯め込んでいる預貯金が、死に金となっているのだから。

将来に不安があるのなら、なにかましな「お金の働き先」を、急ぎ検討する必要がある。

自分の大事な虎の子を死に金にさせたくないのなら、そのくらいの努力は安いものである。

いつも書くが、さわかみファンドが既に21年と4か月の実績を残している。

積み立て投資で年6.1%の成績は、お金に長期投資で働いてもらって積み上がったリターンである。

預貯金を抱え込んでいる人達は、すぐ投資のリスクを語る。 一方、長期投資しているわれわれは、ずっとリターンの世界にいる。

大きな違いだと思わないか?

あわせて読みたい

「株式投資」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。