記事

百貨店の苦境が続く 髙島屋の3-11月は243億円の赤字

大手百貨店の決算が悪化している。(株)髙島屋(TSR企業コード:570108730、大阪市中央区、東証1部)は12月25日、2020年3-11月(連結)の純利益が243億7,700万円の赤字だったと発表した。インバウンドの減少や外出自粛の影響が続き、通期では365億円の赤字の見通しだ。

2020年3-11月(連結)の売上高(営業収益)4,798億8,000万円(前年同期比29.1%減)、営業利益105億1,300万円の赤字(前年同期202億6,100万円の黒字)、純利益243億7,700万円の赤字(同164億4,700万円の黒字)だった。

10月は、前年の消費増税の駆け込み需要の反動で13カ月ぶりに百貨店の売上高が前年同月を上回った。しかし、外出を控える動きが続いているほか、免税売上のマイナス影響が大きい大阪店や京都店、新宿店などの不振も響いた。

2021年2月期の連結業績予想は据え置いた。10月13日に発表している業績予想は、売上高(営業収益)6,820億円(前年9,190億9,400万円)、営業利益180億円の赤字(同255億8,200万円の黒字)、当期純利益365億円の赤字(同160億2,800万円の黒字)。

髙島屋(TSR撮影)

あわせて読みたい

「百貨店」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  3. 3

    全米ライフル協会 なぜ破産申請?

    SmartFLASH

  4. 4

    菅首相「あとは実行あるのみ」

    菅義偉

  5. 5

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  6. 6

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  7. 7

    自民党内で菅政権を見限る動き

    NEWSポストセブン

  8. 8

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

  9. 9

    海外の超富裕層が集まるニセコ

    fujipon

  10. 10

    キャバが時短無視する本当の理由

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。