記事

医者が臨床で最初に学ぶこと

たいそうなタイトルですが、内容はそう大した事ではありません。

期待した方、すみません。

こういったタイトルを書くと、医師としての心構えとか、患者さんに対する態度であったりを想像されると思います。

ただ、今回書くのはもっと単純な事です。

独断と偏見ですが、医者が最初に臨床で学ぶ事の一つに、「風邪に効く薬はない」という事です。

風邪と似た様な症状を来す、インフルエンザや、細菌感染、その他マイコプラズマなどの特殊な病気は除きます。

これらは抗ウイルス薬や抗生剤など、専用の治療薬があります。

ここで言う風邪とは、いわゆる通常の”ウイルス性感冒”です。

風邪のほとんどが、これらの特に特効薬のないウイルス性感冒です。

ウイルス性感冒に対して特に効く薬はないので、しっかりとした休養と栄養を取る事だけが対処法です。

市販の感冒薬などのほとんどは、いわゆる痛み止めや熱冷ましである消炎鎮痛薬や、アレルギー薬が入っているだけです。

これらは確かに熱を下げ、多少は喉の痛みを和らげ、鼻水を減らしてくれたりします。

しかし、そもそも感冒の原因であるウイルスに対しては何の効果もありません。

ウイルスと戦い、駆逐するのはあくまで人間の免疫力です。

よって、「風邪が悪化する前に薬飲まなきゃ」「早く風邪治さなきゃいけないから薬飲まなきゃ」「風邪薬飲んだから大丈夫、働かなきゃ」

という発想はそもそも間違っています。

風邪薬のんだからといって良くはなりません。

症状をやや和らげてごまかすだけです。

結局の所、ウイルスをやっつけるのは自分自身の体の力なので、風邪薬を飲んでも飲まなくても、通常の体力があれば勝手に風邪は治ります。

それなのに風邪薬を飲んだ人は、「あの風邪薬のおかげで治った。あれは良く効くな」

なんて勘違いしてしまうんですね。

こういった事を全て理解した上で、症状を緩和する目的のためだけに風邪薬を上手く使うのなら良いでしょう。

しかし、たいていの方はそうではないと思います。

まあ、とはいえ、多くの場合は風邪薬を飲んだからといって大きな問題が起こることは少ないです。特に実害が起きることも少ないですから、風邪薬を愛好する人も減りません。

しかし、実は、この「風邪薬を飲めば大丈夫」戦略には、二つの大きな問題があるのです。

その問題については、次回に続きます。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  3. 3

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  4. 4

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  9. 9

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  10. 10

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。