記事

黒川元検事長辞任の余波で新検事総長も麻雀をやめていた

林真琴・検事総長も麻雀好き?(時事通信フォト)


「あの一件があってから夫妻で引っ越してしまったようで、今は息子さん1人で住んでいるみたいです」──黒川弘務・元東京高検検事長の自宅近くの住民はこう話す。

【写真】ビリジアンのペイズリー柄ネクタイをした黒川弘務・元東京高検検事長

 2020年5月、緊急事態宣言中に新聞記者と賭け麻雀をしていた問題で検事長を辞任した黒川氏。

「『ヤメ検』として弁護士になるのではという話がありましたが、弁護士登録された様子はありません。裁判を抱えていたこともあって身動きがとれず、蟄居しているようです」(司法記者)

 黒川氏は常習賭博、単純賭博、収賄容疑で刑事告発されたが、東京地検は単純賭博について犯罪行為を認めた上で罪に問わない「起訴猶予」とした。ただ、これで幕引きかといえばそうとは限らない。市民団体が検察審査会に審査を申し立てており、市民が構成する審査会が二度「起訴相当」と判断すれば強制起訴される可能性はある。

 そんな黒川氏だが、検察内部にこんな“影響力”を残していた―─。検察事情に詳しいノンフィクション作家の森功氏はこう話す。

「検察官は皆麻雀好きなんです。でもあの騒動が起きてからは自粛せざるを得ない状況になってしまった。実はそれに一番困っているのが林真琴・検事総長ではないかという話がある」

 林氏は黒川氏の辞任後、後任として2020年5月に東京高検検事長に就任、7月には検察トップの検事総長に昇格した。

「政権と近かった黒川氏を検事総長に据えるため、有力な検事総長候補だった林氏が外されそうになったのですが、黒川氏が辞任したことにより、念願の総長就任を果たした。

 でも、林氏にとって有り難くなかったのが、麻雀ができなくなってしまったこと。林氏も麻雀や賭け事好きで知られていて、海外のカジノにも行ったことがあると聞いています」(同前)

 麻雀好きが揃う検察にあっても、番記者と卓を囲むのはさすがにNGとする空気はあったとされる。だが黒川氏が“一線”を超えてしまったことで、たとえコロナ禍が明けたとしても大手を振って雀荘通い、とはいきそもうない。

 麻雀やめますか、それとも検察やめますか……。

※週刊ポスト2021年1月1・8日号

あわせて読みたい

「黒川弘務」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  3. 3

    全米ライフル協会 なぜ破産申請?

    SmartFLASH

  4. 4

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  5. 5

    菅首相「あとは実行あるのみ」

    菅義偉

  6. 6

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  7. 7

    自民党内で菅政権を見限る動き

    NEWSポストセブン

  8. 8

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

  9. 9

    海外の超富裕層が集まるニセコ

    fujipon

  10. 10

    キャバが時短無視する本当の理由

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。