記事

史上最大の覚せい剤はシリアとヒズボッラーがその源

イタリアで史上最大級の量の覚せい剤が摘発されたことは日本のマスコミでも報じられていたかと思いますが、al sharq al awsat netは、この覚せい剤はシリアのアサドとヒズボッラーが源であることが判明したと報じています。

記事は数か月前にBBCが、イタリアの財務警察が大量の覚せい剤アンフィタミン(14トンで市場価格は10億ドルに上る由)を押収したと報じていたが、当初この覚せい剤はISが資金稼ぎのために密輸したものと考えられていた(ISはこれまでもかなり広範囲に麻薬取引に手を染めている模様)が、その後詳しい調査の結果、これらはシリアで製造され、ヒズボッラーが密輸に携わっていたことが判明したと報じています。

イタリア警察は、この覚せい剤の製造は当初レバノンを主たる基地として行われ、ISがその商売に関係していたとしている由(確か数年前だったか、このブログでもレバノンで警察がテロリストから大量の麻薬を押収したという記事を紹介した記憶がある)

アサド政権とヒズボッラーは資金稼ぎのために、このような麻薬商売に手を染めている由。
https://aawsat.com/home/article/2701141/%D8%A7%D9%84%D8%B4%D8%B1%D8%B7%D8%A9-%D8%A7%D9%84%D8%A5%D9%8A%D8%B7%D8%A7%D9%84%D9%8A%D8%A9-%D8%B5%D8%A7%D8%AF%D8%B1%D9%86%D8%A7-14-%D8%B7%D9%86%D8%A7%D9%8B-%D9%85%D9%86-%D8%A7%D9%84%D9%85%D8%AE%D8%AF%D8%B1%D8%A7%D8%AA-%D9%85%D8%B5%D8%AF%D8%B1%D9%87%D8%A7-%D8%B3%D9%88%D8%B1%D9%8A%D8%A7-%D9%88%C2%AB%D8%AD%D8%B2%D8%A8-%D8%A7%D9%84%D9%84%D9%87%C2%BB

あわせて読みたい

「覚せい剤」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  2. 2

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  5. 5

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  8. 8

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  9. 9

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  10. 10

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。