記事

医療体制の逼迫はどこでも起こりうるリスク

新型コロナウイルスの今日の東京での感染は888人。大変な数です。

一方佐賀県では9名。まだまだ少ないと感じる向きもあるかもしれませんが、私はかなり危機感を持っています。

佐賀県での感染も、気を抜くと他の大都市のように急激に感染が増加する可能性は排除できません。そうなった場合、もともと医療体制は都市部に比べて脆弱ですから、医療体制の逼迫が急速に現実化しかねません。

このようなリスクは佐賀県のみならず、どの地方でもありうることなのではないでしょうか。

このリスクに真正面から向き合わなければならない年末年始が目の前です。気を抜くことは全くできません。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。